地震関連

余震の影響で

金曜日から塩釜市災害ボランティアセンターへ行く予定となっておりましたが、

木曜日の夜に震度6強の地震があり、その対応に追われてしまい行くことができませんでした。

地震が発生したのは夜中でしたが、自宅の安全等を確認した職員が出勤し出来る限りの情報収集と一部安否確認と今後の方向性を確認して、金曜日早朝に安否確認を開始。人的な被害は少ない様子でしたが、建物や道路はかなり壊れているところも見受けられましたし、建物の外観は良くても家具等の転倒がひどい所もありました。

また、ライフラインも町内全域で停電となり、断水した地域もありました。

日曜日にはほとんどのライフラインが通常に戻ったようですが、再び襲った大きな地震に落ち着きを取り戻しつつあった町内はまた、不安の色が濃くなってしまいました。

| | コメント (0)

明日から

再び塩釜市へ行ってきます。

| | コメント (0)

一度

2日間の塩釜支援を終えひとまず社協へ戻って来ました。

社協職員がローテーションで行っているので、次回は今週の金曜日から日曜日にかけて再び行く予定になっております。

この2日間は人の「絆」を感じる2日間でもありました。「何とかして欲しい」とボランティアセンターへ連絡される方々。ボランティアとして現地で活動される方々。そして支援を必要とされる方とボランティアさんをマッチングするために走り回る方々。そして地域ニーズを1件1件歩いて聞いて回っている方々。多くの皆さんの気持ちが伝わる2日間でした。

何かのラジオかテレビである人が言っていました。「日本は今一つになっている。」と

多くの方が、自分にできることで様々なことに取り組み、被災地を応援してくれています。

ほんとにそうだなぁと特に感じた2日間でした。

復興に向けて小さくても着実に前に進んでいます。

とても微力ですがおおさと社協も応援したいと思っています。

| | コメント (0)

今日から

塩釜市社会福祉協議会が運営を行っている災害ボランティアセンターで活動を行っています

詳しくは

http://msv3151.c-bosai.jp/group.php?gid=10113

他の災害ボラセンの情報も確認できます

今日はボラセンに

201104031649000

こんな紙コップが登場しました。

みんなの力で頑張ろう!!

| | コメント (0)

新しい年

ここ2日間ほど更新できませんでした。すいません。

今日から平成23年度がスタートしました。

まさかこのような形で新年度を迎えることになろうとは全く予想できませんでした。

大郷町社会福祉協議会は今日からシルバー人材センターが組織上分離し、新しい体制でスタートしました。

地震の復旧に関しては大郷町はようやく第1段階が終了した感じです。

まだまだ中長期的な支援は当然必要ですが、徐々に落ち着きを取り戻し始めています。

ということで、おおさと社協では第2弾として

職員が近隣社協の応援へ向かいます。

近隣の社協と協力して被害が大きい沿岸部の社協へ職員が応援に向かうよう現在調整中です。

おおさと社協は塩釜市に向かう予定になっております

ブログの更新が滞るかもしれませんが、ご容赦ください。

| | コメント (0)

ブログを開設して

地震発生後、このブログを通じてたくさんの励ましの連絡を頂きました。

一つ一つの言葉が身に沁みます。このブログにアクセスされている方々もきっと同じ気持ちだと思います。

ラジオから流れてくる応援メッセージなどにも力を頂いております。ありがとうございます。

この場をお借りして厚くお礼申しあげます。

昨日は近隣町村へ行く機会がありました。

沿岸部はやはり津波の影響で大きな被害を受けています。

しかし、住民の皆さんや支援に入ってきている方々、そして多くのボランティアさんが活動をされていました。

少しづつですが、着実に前へ進んでいます。

さらに昨日は朝から連絡の取れなくなった90歳代の一人暮らしのおばあちゃんの家へ。

もしや・・・

と、心配いたしましたが、「眠剤を多く飲みすぎたのかなぁ~。」と眠そうな顔で夕方玄関から顔を出していただいてほっと一息でした。

また、今日も頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0)

今週も

新しい1週間が始まりました。

また1週間走りたいと思います。

土曜日と日曜日には大郷町で震災ごみの収集が始まりました。

瓦礫や燃えるごみなどたくさんの震災ごみが出されています。

また、新たなニーズも出てきそうな予感がしています

| | コメント (0)

現場へ。

昨日はおおさと社協から貴重なお休みを頂きました。

貴重なお休みを使って、親戚の家に行ってきました。

場所は東松島市。

親戚の家は津波によって家の1階部分が浸水し、大きな被害が出ています。

そのお宅へいろいろ準備物をそろえて行ってきました。

まだ、水も出ない電気も来ないガスも出ない(というよりコンロがダメなので、ガスだけ来てもダメなのです。)

一日中畳の片付けや水汲みや泥の掻きだしを行ってきました。

家の敷地内及び中は近くの田んぼから流れてきた大量の泥で埋め尽くされています。

それを隅から隅までスコップと鍬を使ってとったり、食器を洗ったり・・・・

水が少しでも出れば…と考えずにはいられません。今日も恐らく給水車に並んでペットボトルに水を汲んで家に帰ってまた汲んで・・・・。

家に帰ってきて復旧した水道を見て幸せだなぁと思いました。

周りを見渡せば、車が壁の上に引っ掛かっていたり通常が考えられないところに止まっていたり、まるで子どもがミニカーで遊んだ後のようです。本当に信じられない。

それでも、泥を取ったらチューリップの芽が出ているのを見て、「明日は必ず来る!春はもうすぐ!」と思わずには居られませんでした。

| | コメント (1)

大郷町の現状②

Pict0044

Pict0022

Pict0059

| | コメント (0)

おおさと社協からのお知らせ

大郷町社会福祉協議会が行う

大郷町ふれあいの家「心郷」ですが、年度内はお休みすることになりました。

その他の事業につきましては分かり次第掲載いたします。

交通に関するお願い

町内の道路は至る所で亀裂や段差が生じておりますので、車・自転車・歩行などの際は十分に注意して下さい。(筆者は段差で軽い捻挫をしました・・・。)

現在大郷町内のGSでは営業を徐々に開始していますが、大渋滞となっております。

大郷町内を車で通行する方はよりご注意ください。

情報に流されないように!

また、インターネット等では様々な情報が流れていますが、いわゆる「デマ」も多いので、一人一人が冷静な対応をよろしくお願いいたします。

節電・節水にご協力を

ライフラインが復旧してきていますが、なお節電・節水にご協力いただきますようお願いいたします。

こういう時こそお互いが助け合うことが必要です。長期化する不便な生活によって「いらぬ争い」が起こりつつあります。一人一人の心掛けが重要ですので、是非ご理解の上儀協力をお願い申し上げます。

|

より以前の記事一覧