福祉

さてさて

久々の更新です!!

皆様お変わりありませんか??

平成26年度もいよいよスタートいたしました。

おおさと社協は平成26年度から

大郷町地域包括支援センター

の委託を大郷町より受けて、スタートいたしました。

体制は管理者1名(兼務)そして社会福祉士と看護師です!

昨年度途中から準備を始めてようやくスタートまでこぎつけました。

ここまで来るにはなかなかの苦労が・・・。

とにかくよろしくお願いたします!

|

災害VC関連情報

7月18日 南陽市豪雨災害における現在の状況について

平成25年7月22日に南陽社会福祉協議会が主体となり南陽市豪雨災害VCを設置いたしました。

南陽市社会福祉協議会のHP

http://www.nanyoshishakyo.or.jp/

宮城県社会福祉協議会の対応は、先日のブログでも書いた大崎市にあるストックヤードの物品を、すでに南陽市に運搬しているのことでした。

今後何か情報が入り次第このページでもお伝えしたいと思います。

情報収集はとても大事です。しっかり情報を収集してから行動しましょう。

 

|

第2回元気アップ教室開催中

今週から健康長寿対策事業で

「第2回元気アップ教室」を開催しています。

2回目の元気アップ教室は、1回目とは内容を変えて、各地域の分館・公民館にお邪魔し、健康の話や体操をお茶のみを中心に行っています。その中で、第1回目の体力テストの結果のお話や、「お試し体力テスト」を行って、誰でも簡単に参加できることを体験していただいています。(きっと次回の自立体力テストでは、初回より多くの方が参加されるでしょう・・・。という期待を込めて。)


また、来週はふれあいの家で年に1回の「ふれあい祭り」も開催されます。年々参加者も増え、今年は参加者が80名を超える予想です。そちらのほうも準備が着々と進んでいます。

そろそろ梅雨明けも近いということで、職員一同元気ハツラツ!頑張ります。

そのような中、明日は宮城県の指導監査も行われます。これは約2年に1回宮城県の担当の方が、社協の運営状況や経理についての監査をするもので、おおさと社協は平成23年度にその監査を受けて、今年が監査の年となりました。おおさと社協の運営状況などをしっかり確認していただいて、今後もより確実で透明性のある社協運営を行ってまいりたいと考えています。

|

元気Up教室 1回目終了

今日で、今年度の新事業である

元気Up教室

が終了しました。

参加者は現在集計中ですが、約100名の方に参加していただけました。

事業当初は参加費500円の個人負担ということもあり、参加していただけるか不安でした。実際昨年まで行っていた地域の分館(集会所です)で行ったお茶飲み会の「思い出ひだまり会」では、全地区を回りと約200名の方に参加していただけていたので、参加者数としては約半分というスタートとなりました。ただ、この事業は今までとは違い、自分の体の年齢を客観的に教えてくれて、さらに健康の為のアドバイスや運動法なども個人に合わせて教えてくれるものなので、非常に有意義なテストだとおおさと社協は考えています。今後は、この事業が多くの方に理解されるように広報活動なども行っていきたいと思います。

第2回目の元気UP教室は今度は地域の分館でお茶飲みを中心に健康講話などを行っていきたいと思います。そして3回目は再び自立体力テストを実施する予定となっております!

|

元気Up教室

平成25年度より新規事業

「元気Up教室」

がスタートしました。

これは健康長寿対策事業(介護予防事業)の中で今年度から新規に行っているもので、4月9日からB&G海洋センターを会場に行っています。

内容は、「自立体力全国検定」というテストを実施し、現在の体力年齢を算出します。その結果、実年齢と体力年齢の差が大きい方に対しては、別メニューで行う介護予防事業にお誘いし、その他の方については、体力年齢と実年齢がいい方に差ができるように家庭で頑張っていただき「町民皆で元気になろう!」という目的で行っています。

また、11月頃にもう一度測定を行い、約半年でどの位改善したのか?それとも少し成績が悪くなったのか?ということを目の当たりにしていただいて、今後の介護予防への啓発を行っています。

参加費(測定料)として500円の負担を頂いておりますが、是非この機会に自分の体力年齢を測定してみてはいかがでしょうか??

ちなみに地域の分館からB&Gまではマイクロバスで送迎しています!

自立体力全国検定について詳しくはこちら

http://www.jiritsutairyoku.jp/

|

ハッピーバード

本日おおさと社協に新たな車両がやってきました!!


それは・・・

Kuruma

ハッピーバードです!

約半年前に贈呈は決定していたのですが、本日晴れて贈呈式+納車となりました。

これからはこの車両とともに大郷町の地域福祉の向上にさらに努めていきたいと思います。

本格稼働はもう少し先(新年度から)になります。




|

備えあれば

先週の地震は驚きました。

久々に揺れの時間が長かったし、震度もテレビの速報で5(のちに4に修正されましたが。)

おおさと社協でも施設・職員の安否確認と主に高齢者世帯の方の安否確認にあちこち出かけたり、電話をかけたりしていました。

その中で、東日本大震災のことを思い出し、皆さん落ち着きながらも迅速に行動されていたように思います。また、地震直後からしばらく町内のガソリンスタンドに並ぶ人が多かったように思います。

幸い大きな被害も無くひと安心ですが、やはり備えは重要だなという気持ちを新たにしました。

|

多大なるご寄付に感謝いたします

昨日、大郷町内の企業(有)高木商店様より大郷町へ介護予防の為にと、多大なる寄付を頂き、その頂いた物品をおおさと社協が管理を行っているふれあいの家心郷で使用させていただくことになりました。

頂いた物品は町民の皆様の介護予防の為に有効に使わせていただきたいと思います。

頂いた物品は

ルームランナー

任天堂Wii(2台)とリモコン+ソフト

カラオケセット


です。

Photo

頂いた物品を有効に活用させていただいて、町内の介護予防に努めていきたいと思います!!ありがとうございました!

|

老人クラブ芸能大会

今日は毎年恒例の

大郷町老人クラブ素人芸能大会

が開催されました。

昨年より震災復興まつりと銘打ちまして、大郷町内にある仮設住宅の方を招待し、少しでも楽しんでいただこうと開催しています。

今年は、唄あり踊りありの17演目の熱演で、会場は大盛り上がり!!

そして、演芸の後は「ちんどん雅組」の皆さんをお呼びして楽しいショーをしていただきました。

皆さん終始笑顔と大きな拍手で楽しい時間を過ごしました。

193
そして、その裏方で社協は昨日照会したお揃いのユニフォームを着て会場のおい手伝いをさせていただきました!(背中ののみの紹介です)
3

|

大郷町手をつなぐ親の会研修会

昨日はおおさと社協がお手伝いをさせていただいている

大郷町手をつなぐ親の会の移動研修会が開催されました。

今回は、沿岸部の被災地に行って地場産品を買って応援しようということになり、亘理町へ行ってきました。

お盆の為営業していたお店は少なかったですが、皆さん地場産品を購入されて、少しばかりですが応援させていただきました。

また、その後には、キリンビール仙台工場(こちらも津波で甚大な被害がありました。)で工場見学をして、最後は宮城県に本拠地がある「楽天イーグルス」の応援をして帰ってきました。

様々な障がいを抱えながら生活されている方とお父さん・お母さんが一緒になって一日中たくさんの所を応援して回ってきました。

帰りはバスの中でほとんどの方が熟睡・・・。

お疲れさまでした!

|

より以前の記事一覧