日記・コラム・つぶやき

重要なお知らせ

久々の更新になりましたが、ここで、重大なお知らせです。

おおさと社協では現在職員を募集しています!

職種は相談員で、社会福祉士(1名)保健師もしくは正看護師(1名)です!

現在の予定では1月1日から臨時職員として雇用し、4月1日からは正職員として雇用する予定です。

おおさと社協として正職員を雇用するのは約10年ぶりとなります。

詳しくは、ハローワーク・福祉人材センターのHPに掲載開始いたしましたので、興味のある方は是非アクセスしてみてください。

やる気のある方の募集をお待ちしています。

|

右から左へ

久々の更新になりました。

このタイトルを見て「古っ!」と思った方も居るかもしれません。

でも、おおさと社協はそれが例え「過去」となってもそれを大切にします!

さて、本題に戻って「何が右から左なのか?」ですが、

社協の公用車です。

久々の更新でまたしても車両の話題になってしまいました。

先週のこと。社協所有の現在マイクロバスに続いて、比較的新しいワゴン車が車検を迎えることになりました。

そこで、最近いまいち調子の良くなかったエアコンの調子を見てもらうことにしました。

そして、車検が無事に終了して納車していただいたのですが、エアコンの調子が気になったので、エンジンをかけてしばらく放置していました。

そしてやく20分後・・・

公用車のドアを開けたら・・・

ものすごい熱気が!!

エアコンからは温風が噴出しています。

温度調整を間違えたのかと確認したらちゃんと冷房になっています!

急いで水温など確認したらなんとかセーフ。オーバーヒートではありません。

よく見るとエアコンのスイッチのランプが点滅しています。

すぐさま車検をお願いした業者さんに連絡したのですが、納車までは普通にエアコンは稼働していたとのこと。

工場から乗ってきてもらったので、それは間違いないはずです。

つまり車検が終わって、社協の事務所についた時点ではエアコンは大丈夫で、その後すぐに筆者がエンジンをかけてエアコンをかけて20分の間に・・・

故障・・・。

結局すぐにディーラーに持っていくことになりました。

その結果・・・

コンプレッサーおよびコンデンサの故障・・・。

車検と同じくらいの修理費がかかりました。

そして昨日ようやく社協に戻ってきました。

本当は公用車の話題よりも、書くことはたくさんあったのです。
おとといは地域の一人暮らしの方の家が不要なものであふれかえり、生活できない状況だったので、片づけを行って生活課題を解決した話や、昨日は民生委員の皆さんが研修で、虐待のことについてなど、現在多様化・深刻化する問題に対応するために研修会に参加したことなど。たくさんあったのです。そういった業務の中で起きた、ありえない公用車の出来事だったので、ついつい書いてしまいました。

ちなみに公用車の話題はもう一つ。それを端的に書くと、

「大迷惑!新車のマイクロバスが花粉の餌食に!一体どうやって屋根を洗えばいいんだ!!」

です。

|

ハチ ハチ ハチ!!

今日、8月8日は8が並んだ「ゾロ目」の日でした。

今日は旧社協事務所で「おはなし処」が開催されていました。

おはなし処の参加者の中には、社協まで来る足がないということで、職員が送迎をしながら対応しているのですが、その帰りの時に職員から

「●●さん(送迎をしている方)の家に蜂の巣がある。」

ということになりました。送迎にいた時に発見したらしく、どうやら玄関に蜂が巣を作ったらしく、危ないということ。その蜂は「黒い蜂」だということでした。

それを聞いたおおさと社協は

「あぁ。そう。大変だなぁ・・・。」

とはならず、当然撤去することに。撤去する係は・・・。結局私。

とりあえず殺虫剤とほうきをもって、長袖の作業服を着て、いざそのお宅へ。

まだ小さい蜂の巣だったので、殺虫剤散布の後にほうきで巣を撤去してきました。

あらかじめ断っておきますが、今回は、社協で送迎している方で一人暮らしの家の玄関の蜂の巣だから撤去したわけで、すべてのお宅の蜂の巣を筆者は撤去しません。

8月8日に蜂を退治。そういえば今日の朝も事務所にいた大きめの蜂を退治したこと思い出し、ハチに縁のある日だなぁと思いました。

ちなみに筆者は蜂や蛇類は嫌いです。

|

絆のリレー

災害ボランティアセンター関連の研修会に参加してきました。

昨日は災害ボランティアセンターのHP運用に関する研修会。

そして本日は大崎氏にある災害支援のための資材がある大崎市のストックヤードを見学してきました。

本来は、午後も研修があったのですが、筆者は明日の事業の準備のために欠席させていただきました。

HPの研修では、さまざまなトラブルがありましたが、HPの有効性を実感することができましたし、本日見学させていただいたストックヤードの中には、新宮市VCや只見町VCといった名前があるなど、各災害ボランティアセンターで活躍した資材が置いてあり、大崎市の担当方は、

「今後は万が一何か災害が起きた場合にこの資材をスムーズに届けられるように仕組み作りをしていきたい。」

と話されていました。この「絆のリレー」は、災害に限らずさまざまなケースで必要なことなのだと筆者は感じて帰ってきました。

|

ここから本番か?

昨日書いた県の指導監査も本日終了いたしました。

ここで筆者はようやく平成24年度末から続いたパソコンと書類のにらめっこから事業のほうへ体が向きそうです。

来週は火曜日は研修。水曜日も午前中研修。午後はふれあい祭りの準備。そして木曜日はふれあい祭り。そして金曜日はゴミ捨て(一人暮らしの方でどうしても捨てられずに溜まったゴミの搬出)・・・。

来週も頑張ります!

|

大量のキャベツ

昨日のこと。社協の評議員になっている方が仕事でお邪魔したところで、大量のキャベツをいただいてきました。

どうやらそのお宅はキャベツを売りに出しているのですが、売り物にならないものが大量にあった様子で、たまたまお仕事でお邪魔したその方がいただいてきた。ということのようです。

そして、帰り際に事務所に来ていただいて、「好きなだけ持って行っていいよ!!」と。

見てみると、1トン車にキャベツがいっぱい!!!

売り物にならないというのは筆者のような素人(そして料理をしない人)には、全くわからないくらい素晴らしいキャベツです。

職員で分け合っていただきましたが、これが売り物にならないとは・・・。と今の社会を少しひねくれて見てしまいました。

さて、気が付けは平成25年も折り返しとなってしまいました。時が過ぎるのは早いものだ。とこの時期はいつも思います。先日は、老人クラブ連合会とボランティア友の会・民生委員協議会と社協で、引きこもりの方への声掛け運動などを行っていこうということになり、新しい事業もまたはじまりそうです。お互いが協力しながら前へ進めればいいなぁと思っています。

|

魔女の一撃

通称:魔女の一撃に合い、先週は全く動けなかった筆者。

皆様もお気をつけ下さい。(1週間たった今でもまだ痛いです。)

さて、そんなか先週は、27日に運転ボランティア講習会を富谷町社会福祉協議会さんと共催で行いました。これは、日ごろ配食サービスなどでボランティアをされている方々に今後もますます安全運転で頑張っていただきたいということで、昨年より富谷町自動車学校さんのご協力をいただいて開催しているものです。

内容は、最近黒川管内でも事故が多発しているということで、大和警察署の課長さんにお越しいただいて、交通安全の講和をいただきました。そして、その後に教習コースを使い、技術確認ということで、一人一人教習車に乗り隣には教習官の方に同乗していだいてコースを走り、一人一人にアドバイスをいただきました。今後もこういった取り組みを継続し、皆さんが長く活動できるように支援を行っていきたいと考えています。

また、28日にはようやく筆者も歩けるようになり、大郷町学校で「福祉体験学習」を行ってきました。今回は車いすの体験だったのですが、皆さん真剣に取り組んでいただきました。
大切なのは、「車いすの操作の仕方がわかること」「車いすの大変さがわかること」ではなく、自分が住む地域の中には車いすを使って生活されている方もいることや、その方も自分たちと同じ社会で当たり前に生活していることを知る(再確認)。そして、これから社会の中心になっていく生徒のみんなが、この体験を通じて地域の中でみんながそれぞれ当たり前に生活するために自分は何をするべきなのか?そういったことを考えるきっかけになればいいなぁと思っています。
そういった思いで体験学習を行ったのですが、「伝わったかなぁ。」と毎回思います。筆者も日々反省しレベルアップしなければ!と体験の度に気持ちを新たにしています。

|

ほのぼの給食会

明日は、大郷町内の一人暮らし高齢者を対象とした

ほのぼの給食会

が大郷町ふれあいの家「心郷」で開催されます。

筆者も明日はドライバーとして町内の高齢者の皆さんの送迎をさせていただきます。

そして、明日参加された方には

「あんしんキット」を配布いたします。

これは、自分の既往歴や現在飲んでいる薬の情報や、緊急連絡先などを記入して保管しておくもので、万が一の時に適切に情報を医療関係者等に伝えるためのものです。

こういったものをうまく活用することによって、また安心が増えることを期待しています。

また、このあんしんキットはまだ数がありますので、有効に必要とする方に配布できるようにしていきたいと思います。

|

来てしまった

昨日の夕方に一本の電話が

「法務局ですが・・・。」

来てしまいました。

そして、今日再び法務局へ行ってきます。

|

ようやく・・・

今日、法務局へ役員変更の登記申請を行ってきました。あとは無事に登記されることを祈るばかり・・・。

「問い合わせの電話よ。来るな!」

と、一人心に念じながら机に座っています。

そして今日は、午前中に登記関係事務がようやく終了したので、書類で散乱した机を少し片づけていました。するとペースに乗ってきたところで、「もしかして、忘れてないよね。」の一言。

今日はピンチヒッターで福祉有償運送の送迎があったことが頭からすっぽり抜けており、危なく遅刻するところでした…。

有償運送も無事に終了し、今は机に向かっているわけですが、明日からは広報作りに取り掛かります。とはいえ、すでに6月も半ば。6月末には発行する予定なので、急ピッチで作成したいと思います。

そして、町内の学校からの依頼で、今月末に福祉体験学習の授業を行うことに。今回は小学校の4年生66名が対象ということなので、広報を作りながら授業の内容について考えたいと思います。

福祉体験では

「考えるきっかけ」

を児童の皆さんが持てるかどうか?

ということが大切だと筆者は思っています。きっかけを与えられた児童の皆さんたちは何を考えるのだろう?そして今後どう行動していくのだろう?と考えると、楽しみでなりません。

ただ、筆者の体験学習で「きっかけが与えられるのか?」というプレッシャーもあります。そういうプレッシャーをいい意味で感じながら授業プランを先生と相談しながら練っていきたいと思います。

|

より以前の記事一覧