旅行・地域

明日は監査会

明日はおおさと社協の

監査会

が開催されます。

平成20年度の決算をまとめ、その執行状況についての監査をいただきます。

例年ですと、すでに準備は終わり、あとは明日を待つのみという形なのですが、本年はまだ資料ができあがっておりません。

昨年度から始まった新しい事業の決算など本年度はおおさと社協にとって初めてのものも多く、あと少しというところで足踏みをしています。

ただ、それも午後には解決し明日に向けてラストスパートです。

ただ、明日の監査が終われば、その後に当然決算理事会・評議員会があります。その他におおさと社協は運営委員会を開催し、議案の審議を行います。そして、今年度は理事・評議員の改選もあります。さらに法人税の申告をして・・・・

と、この後に5月末までにやることがさらに少なくても6点(その一つ一つが一筋縄ではいきません。)はあるようです。

このブログの更新が滞る可能性が少しづつ高まってきております。もしも更新等が滞りましたらそこはご了承いただきたいと思います。

| | トラックバック (0)

未だ道半ば

 今日は事業とは少し離れたことを一つ

 この仕事をするようになって一つ困ったことがあります。

それは

「方言が解らない」

ことなんです。

 私は実は宮城県で産まれ育っていません。私が生まれたところの方言といえば、主にイントネーションの違いだったりすることが多いのですが、この地域の方言は明らかに言葉が変わってしまっています。普段使っている言葉はほぼ標準語に近くなってきているので問題ないのですが、仕事柄高齢の方と話しをする機会も多々あります。そんな中で出で来る言葉が

「けな」「ぶんのどこ」とか「ひてこび」とか「あく(ぐ)ど」とか

 解りますか?ちなみにこれは、体の一部をあらわしています。

 これらを理解するのにしばらくかかりました。まだまだあるのですが、それはまた後日。

 大分わからない言葉も減ってきましたが、それでもまだまだ解らない言葉が多いです。

 ちなみに今日知った言葉は

「たれか」

でした。未だ道半ばです。

| | トラックバック (0)