« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

元気Up教室 1回目終了

今日で、今年度の新事業である

元気Up教室

が終了しました。

参加者は現在集計中ですが、約100名の方に参加していただけました。

事業当初は参加費500円の個人負担ということもあり、参加していただけるか不安でした。実際昨年まで行っていた地域の分館(集会所です)で行ったお茶飲み会の「思い出ひだまり会」では、全地区を回りと約200名の方に参加していただけていたので、参加者数としては約半分というスタートとなりました。ただ、この事業は今までとは違い、自分の体の年齢を客観的に教えてくれて、さらに健康の為のアドバイスや運動法なども個人に合わせて教えてくれるものなので、非常に有意義なテストだとおおさと社協は考えています。今後は、この事業が多くの方に理解されるように広報活動なども行っていきたいと思います。

第2回目の元気UP教室は今度は地域の分館でお茶飲みを中心に健康講話などを行っていきたいと思います。そして3回目は再び自立体力テストを実施する予定となっております!

|

XPが無くなる日

今日のタイトルは「XPが無くなる日」です。

マイクロソフト社が発売するパソコン用基本ソフト(OS)のWindowsXPのサポート期間が少なくなってきました。残り約1年でサポート期間が終了し、実質上WindowsXPの時代は幕を下ろすことになります。

現在はスマートフォンやタブレット端末が主流となってきていて、最新のWindows8もタッチパネル採用モデルがあるなど、パソコン自体の使い方やパソコンとの関わり方が大きく変わってきているのだと感じます

と、別に現在のIT事情を書きたいわけではなく、そういった流れの中で、おおさと社協のパソコンもだいぶXP離れが進んでいます。

「今更XPなんて」と言う人が多いと思いますが、筆者にとってはWindows3.1の頃からwindowsを使っていました。そんなWindowsですが、XPからVistaに変わったときに大きな時代の流れを感じました。Vistaが素晴らしいという話ではなくて、今までの基本画面から大きく変わったデザインと操作性(メモリは大量に使いますが・・・。)に戸惑いとある種の違和感を感じ、今筆者が使っているパソコンもそのころから使用しているのですが、ダウングレードしてXPを入れて今日まで使っています。

それが、この度ついにサポートが切れるのを目前に慣れ親しんだXPとお別れすることになり、Windows7(ここは最新ではないのです。)を使うことになりました。

と、Windowsのの話はここまでで、本当に書きたいことは、

なかなか新しいものを取り入れるときは不安や戸惑いがあるということ。それは若い人でも高齢者でも誰でも同じだと思います。これは、例えば新しい事業を企画した時などは、同僚の職員や、実際に対象となる地域の方に理解していただくのに時間がかかったり、事業の考え方や実施の仕方に違和感を覚え、なかなか協力的になれない。採用しないといいったことがあるということです。これは筆者がWindowsをなかなか新しいものに変えないことと同じで、今までの自分が想像しているもの、慣れ親しんだものや今までの考え方と違うという違和感・不安そして疑問などがそうさせるのだと思います。だから、私たちは誰かに対して何か始めようとするときには、分かりやすく丁寧な説明をし、理解を得ることが必要なのだと思います。


筆者が歳をとっただけ。と思うと同時に、社協として何か事業を始めるときには、こういった視点をちゃんと持たなくては!ということを改めて感じた日でした。

|

元気Up教室

平成25年度より新規事業

「元気Up教室」

がスタートしました。

これは健康長寿対策事業(介護予防事業)の中で今年度から新規に行っているもので、4月9日からB&G海洋センターを会場に行っています。

内容は、「自立体力全国検定」というテストを実施し、現在の体力年齢を算出します。その結果、実年齢と体力年齢の差が大きい方に対しては、別メニューで行う介護予防事業にお誘いし、その他の方については、体力年齢と実年齢がいい方に差ができるように家庭で頑張っていただき「町民皆で元気になろう!」という目的で行っています。

また、11月頃にもう一度測定を行い、約半年でどの位改善したのか?それとも少し成績が悪くなったのか?ということを目の当たりにしていただいて、今後の介護予防への啓発を行っています。

参加費(測定料)として500円の負担を頂いておりますが、是非この機会に自分の体力年齢を測定してみてはいかがでしょうか??

ちなみに地域の分館からB&Gまではマイクロバスで送迎しています!

自立体力全国検定について詳しくはこちら

http://www.jiritsutairyoku.jp/

|

とりこし苦労

昨日のこと。

朝起きてカーテンを開けたら

「雪・・・。snow

しかも結構な勢いで積もって来ています。

おおさと社協の公用車はすべて「夏タイヤ」交換してしまった後だったので

「まぁ。明日には大丈夫だろう。」

という楽観的な考えと

「もし雪が残っていたら大変だ!

という二つの考えが交差する微妙な状態に。

とりあえず月曜日の朝一の仕事を確認するために出勤し、スケジュールを確認したところ

筆者がバス送迎を行う事業のみということが判明しました。

バスはタイヤ交換できないので、「最悪ワゴン車でピストン輸送すれば・・・」

などと考えながら家に帰りました。

結局お昼過ぎには雪が雨に変わり、月曜の朝には雪も何も残りませんでした。

そして今日も無事にバス送迎もできてひと安心。迷惑な雪に振り回された休日でした。

しかし、「満開の桜に雪が積もる。」という珍しい景色に出会えたので良しとすることにしました。

|

新年度が始まって

新年度が始まって初めての更新になります!

今年度もおおさと社協ブログをよろしくお願いいたします!

今年度はもっと更新できるように頑張りたいと思います。

筆者は今年もブログ担当になっております。よろしくお願いいたします。

そして今日の話題は久々の・・・。

「公用車絶不調。」です。

おおさと社協の公用車の中には古いものも多く、修理を繰り返しながら頑張って乗っていますが、先日何と

鍵が差さらない(しかもイグニッション←エンジン掛けるときに鍵を差す所です)

という前代未聞のトラブルに見舞われています。

当然エンジンがかけられないのでレッカー車で移送されていきました。

その他様々な不調があり、もう乗れないかもしれません…。(車検は6月)

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »