« 屋根よりは・・・高くない | トップページ | 2年に1度 »

やるときはやるのかと思いきや。

おおさと社協のパソコンのことですが。

おおさと社協で主に介護保険の請求やスケジュール管理で使用しているパソコンが限界を迎えようとしています。

それは何かというと。

HDDの容量です。

実は残り約300MBとなってしまいました。

昔のパソコンだと300MBなんてまだまだ容量のある方でした。しかし今の時代300MBと言えば本当に少ない容量です。

しかもいま、介護保険の改正などがあってシステムを更新しなければならないのですが、300MBではとても対応できません。

実は5月末頃にパソコンの入替を検討しているのですが、今は何とか乗り切らなければなりません。

ということで、あれやこれやと手を尽くしても殆ど容量は増えません。

そんなときにWindowsの方から「容量増やしましょうか?」といった表示が。

ダメ元でやってみたら30分くらいずーっと動いて出した空き容量が・・・。

何と4GB!

やる時はやるもんだなぁと思いとても感心しました。

その後に4GBも空いたことだし、ついに改正の為の更新プログラムをインストールしようとパソコンにCDを入れたら・・・。

動かない。

他のパソコンでは通常に動くので、どうやら光学ドライブの不良のようです。

せっかく見直したのに…。

|

« 屋根よりは・・・高くない | トップページ | 2年に1度 »