« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

御用納め

今年1年大変お世話になりました!

来年も皆様にとって素晴らしい1年でありますようにsun

来年は1月4日から事務局は稼働いたします。

来年も1年よろしくお願いいたしますhappy02

|

来週になると

今日を入れても今年おおさと社協の事務所が動いているのは残り3日となりました。

来週になると、いよいよ年末の大掃除が開始されます。

今年は、ふれあいの家を新たに掃除する必要があり、さらに事務所も移転して広くなったので、月曜日はふれあいの家の掃除。そして火曜日は事務所の大掃除となります。

筆者と言えば昨日も書いたように「戦力外」なので、自分の机を片付ける程度ですが。

片づけると言えば、毎回自分の机を片付けると、次に使う時に

あれ。どこに片付けたっけ・・・。

という状態に陥ります。そして年始に仕事に来ると

あれ。何からすればいいんだっけ・・・。

という俗に言う「浦島太郎状態」(筆者が勝手に言っているだけですが。)にならないように様々な所にメモ紙を書いて新年に備えています。

恐らく最初に目にするところには

「明けましておめでとうございます。」

と書いてあり、そしてその後すぐに箇条書きで

○○をする。

と書いてあります。

|

22年を振り返る

ついに平成22年も残すところ10日を切り、年末も押し迫って来ました。

ということで、今日は平成22年のおおさと社協を少し振り返ってみたいと思います。

今年は、新規事業が多く始まった1年でした。

大郷町老人ふれあいの家指定管理事業

大郷町シルバー人材センター設立準備事業

地域人材育成事業

が開始されました。

シルバー人材センター事業と地域人材育成事業は基本的に1年間の事業ですが、おおさと社協に新たなメンバーも増え、筆者が社協に来てから最大の人数となりました。(臨時職員も含めると30名!)

そういったことで、今年は新規事業が多く始まったため、そちらの方に思いのほか力が入り、他の事業になかなか新しい風を吹き込めなかったなぁというのが感想です。

ただ、地域人材育成事業の方は様々な研修等を通じて職員も力をつけ始めてきていますし、シルバー人材センターの方は、現在2月2日の設立総会に向けて、追い込みをかけてるなど、順調に事業は推移しています

ふれあいの家も、今年は新たな取り組みで事業運営を行っていましたが、その甲斐もあり少しずつ利用者も増え始め、ようやく軌道に乗り始めています。

また、回想法事業も各地域で「思い出ひだまり会」として12月がら全地区を回っています。今日現在で、全22地区中5地区が終了いたしました。その他に地域の方々からの要請を頂いて、他に2地区で開催いたしました。

筆者の方はと言うと・・・・

ここ数年年末になると必ず体調を崩したり怪我をしたりしていますが、今年も膝をけがしまして、年末の大掃除の戦力外通告を頂きました。(今年で恐らく4年目です)

昔培った「脱健着患」を自分に言い聞かせて現在苦戦した生活を送っています。

ただ、「脱健着患」を実践しても

「辛いものは辛い。」

というのも勉強しました。

|

報告が2件

今日は、報告することが2件もあります。

1件目は、おおさと社協が管理している「大郷町老人ふれあいの家」について。

おおさと社協では、指定管理を行う大郷町老人ふれあいの家の「愛称」について、地元大郷中学校のご協力を頂いて検討しています。

中学校の生徒さんには大郷町の福祉施設に愛着を持っていただきたい!そしてこういうことをきっかけに大郷町の福祉についても考えてほしいなぁと思いで。そして利用される方には、今以上に愛着を持って利用していただきたいという思いで企画いたしました。

その選考の為の会議が昨日開催されました。その結果をこれから大郷町と協議をさせていただいて、了承を頂きましたら発表したいと思います!!

というのが報告の1点目です。

そして第2点目ですが、例のPCの件です。

前回のブログを書いた時点では全くと言っていいほど症状は改善していませんでしたが、ブログを書いてからふと思うことがあり、試してみると・・・

異変を発見!

そしてその異変を苦労の末除去することに成功し、

奇跡の復活

を果たしました。

筆者自身数多くのPC関連のトラブルに見舞われていますが、今回のは初めてのケースでした。

一言で言うと「そんなところが壊れるのか・・・。」

具体的に書くと長くなるのでここでは書きませんが、いい勉強になりました。

今日は2点報告いたしました。

|

災害VC設置運営訓練

今日は仙台市泉区で開催された

災害VC設置運営訓練

に参加してきました。

ところで、VCとは「ボランティアセンター」の略で、とても簡単に言ってしまうと、ボランティアに来ていただきたい方、とボランティア活動をしたい方の橋渡しするのが大きな仕事の一つです。

そして災害VCとは、これもとても簡単に言ってしまうと、大規模災害等が発生した際に、地域の住民の方々のニーズを受け付けて、支援に駆けつけて下さったボランティアさんへ橋渡しするというのが仕事です。

その災害 VCの設置を各関係機関と協力して社会福祉協議会が設置するように宮城県では、県・市町村・市町村社協で覚書を締結し現在その体制整備を行っています。

ただ、災害が起これば必ず災害VCが設置されるということではないので、そのあたりについてはご承知を頂きたいと思います。

その一環として今日の訓練がありました。

そしてなぜ「おおさと社協」が仙台市の訓練に参加するのかというと、このブログでも何度か書いてあるように仙台都市圏域の災害VCに関する協定がありまして、その協定により今回参加をしています。

今までの訓練では、いつも運営側のお手伝い等をすることが多いのですが、今回は主に駆けつけたボランティアという視点で訓練に参加する時間が多くありました。

いつも行っている訓練とは違った視点で参加することができ新たな問題点なども見えて非常に良かったなぁと感じています。

ところで、話は変わりますが。

先日の記事で、PCの調子が悪いという話題を書きました。その続きを少し。

あれ以来様々な試行錯誤をしていますが解決せず。そしてついに

Officeの入れ直し

を行いました。

その結果・・・

改善せず。

結局今日現在までそのPCのOfficeは使用不可となっています。

時間が少しある時に修復を試みているので、あまり大きなことはできませんが今後も色々な試みをしてみようと思います。

データが取り出せて別PCで動いたのが唯一の助けです。

|

謎の虫②

少し更新が滞っておりました。

今週は月曜日から火曜日にかけておおさと社協が現在事務局を担当してる

宮城県身体障害者仙台地方連絡協議会主催の

幹部研修会が開催されました。

この会は仙台地方管内8町村で構成されていて、夏に運動会そして秋に幹部研修会を実施しています。

今回は、40名の方にご参加を頂きまして、盛大に開催されました。

準備等でご協力いただきました各町村の事務局の方々に厚くお礼申し上げます。

さて、話は変わりますが。

少し前の記事に

謎の虫

について書きましたが、その続編があります。

謎の虫を発見した後に実はもう1台タイヤ交換をしなければならない車がありました。

その車はリース車両で、メンテナンス等はリース料に含まれているので、修理工場に車とタイヤを持っていけばいいのですが、そのタイヤにも

謎の虫が付着していました。

ただ、今回はサナギ状態ではなくて幼虫状態で、かなり小さい虫がホイールのリムの部分に居ました。2匹位。

この虫も干からびていて、カラカラになっていたんですが・・・。

一体なぜこのようなことが・・・。

謎は深まるばかりです。

|

12月に入りました

今日から12月。今年も残りわずかとなりました。

12月1日と言えば・・・・

民生委員の皆さんが一斉改選となりました。

大郷町でも、勇退された方そして新たに新任された方がいらっしゃいます。

長年地域住民のために奔走され、勇退された委員の皆様には心から感謝するばかりです。

また、留任された方新任された方につきましては、これから新たな気持ちでどうぞよろしくお願いいたします。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »