« おもちゃ病院開設 | トップページ | 避難訓練 »

張り合う気持ちを持つこと

今日は「張り合う気持を持つ」ということについて書こうと思います。

先週から「ふれあいの家」では

こま回し大会

が開催されています。

このこま回し大会は、折り紙で自作した(できなかった方には職員が用意したものを使っていただきます。)こまをテーブルの上でいかに長く回していられるか?

を競う大会です。

その日ふれあいの家を利用された方で希望する方がエントリーし、午前中(お昼ころ)に職員と一緒にこまを作って14時から大会のスタートです。

ちゃんと黒板にトーナメント表を作り、優勝者にはささやかな賞品と賞状も出ます。

企画当初は皆さんが参加してくれるかどうか心配な部分もありましたが、いざ開催してみると予想以上に盛り上がっています。

「コマを回し始めるのが遅い。」

など「物言い」がつく場面もあり皆さんテーブルにくぎづけです。

やはりいくつになっても「何かと張り合う」という気持を持つというのは大切だなぁと思いました。何かに熱中しているときの顔は、それはそれは子どものころに戻ったように笑顔があふれています。

やりすぎはよくありませんけどね。

今後もこういったイベントを増やしていこうと思います。

|

« おもちゃ病院開設 | トップページ | 避難訓練 »