« 平成22年度体制① | トップページ | 老人ふれあいの家。スタートです!! »

平成22年度体制②

今日は昨日の続きで

平成22年度体制②を載せたいと思います。

今回は事業・人事編です。

平成22年度おおさと社協は新しい事業をスタートさせました。

大きな事業は3点。

まずは

「大郷町老人ふれあいの家」指定管理の受託です。

大郷町老人ふれあいの家は、町内の65歳以上の方を対象に行っている生きがい対策デイサービスの様な事業です。利用される方は大郷町にある「夢実の湯」に500円で入湯できます(通常は800円します(時間帯・日時によって変わります)そこを利用される方にくつろいで頂きながらも様々な事業を展開するという、社協にとっては、とても大きな事業です。詳しくは少しずつ書いていこうと思います。

次は

「地域人材育成事業」の受託です。

これは、国の雇用対策の一環で職員1名を臨時職員として1年間雇用し研修等を行いながら人材を育成するという事業です。本日より1年間職員が事務所で勤務しながら必要な研修を積んだり資格を取得していただいたりします。

ちなみにこのブログの新しい筆者として記事の更新していただこうと思いますので、よろしくお願いいたします。(私も更新は行いますのでよろしくお願いいたします。)

最後は、

「大郷町シルバー人材センター設立準備事業」の受託です。

大郷町シルバー人材センターの設立のため、大郷町社会福祉協議会で職員を1名雇用してその準備作業にあたります。

この事業も本日より稼働しています。

と言ったわけで、昨年度より書けなかったことを一挙に書いてしまいました。

筆者としては「やっと書けた!!」という軽い開放感に現在浸っております。

ただ、その余韻もままならずに新年度の契約事務を現在せっせと行っています。

それでは平成22年度もよろしくお願いいたします!!

ちなみに筆者は今年も同じ部署でがんばりますので、このブログ共々よろしくお願いいたします!

|

« 平成22年度体制① | トップページ | 老人ふれあいの家。スタートです!! »