« 災害ボランティアセンター設置運営訓練 | トップページ | 福祉体験学習に行ってきました。 »

この仕事の一番嫌だと感じる時

今日は少し衝撃的なタイトルですがご了承ください。

筆者が福祉関係の仕事についてしばらくなりますが、この仕事の中で一番嫌だと感じる時があります。

それは人の死に触れる時です。

実はこの間の「感慨深い」というタイトルのブログで書いた方が、先週急にお亡くなりになりました。

電話で連絡が入ったのですが、「えぇ!」と言った後、しばらく言葉が見つかりませんでした。

ご冥福をただただお祈りするばかりです。

この仕事に就いてから筆者とかかわりのある方のうち、いったい何人の方がお亡くなりになったでしょう。会議で「この人(筆者のこと)私大好きなの。」と言ってくれた方。プライベートで子どもを病院に連れて行ったときに偶然お会いして、子どもにお小遣いをいただき、「子どもは大事にね。」と私に声をかけたくれた方。お世話になった民生委員さん。私が就職したときに・・・・・・・

人の死に触れるととても考えさせられます。人はこの世に生を受けた限り必ず死は訪れるものです。それはいつ来るかは分かりません。それは分かっていることですが・・・・。

この仕事だからということではないのですが、お亡くなりになったということと、さらに仕事をしていて関係された方がお亡くなりになり、その方がお亡くなりになったために発生する事務手続きは心がとても痛みます。

明日は、お葬式に出席してご冥福をお祈りしてきます。

本日は筆者の個人的な感情等の話になってしまいすいませんでした。

明日からはまた通常通りの更新となります。

|

« 災害ボランティアセンター設置運営訓練 | トップページ | 福祉体験学習に行ってきました。 »