« お詫び | トップページ | 21年回帰録 »

真相は・・・

一昨日は大変失礼をいたしました。

さて、今日は先日お知らせした歳末助け合い運動の結果について報告したいと思います。

歳末助け合いで集まった募金は一度宮城県の共同募金会に送られ、その後に各事務局に配分をされています。(ちなみに大郷町は町が事務局になっています。)そして、その募金の配分方法ですが、大郷町の場合は、「歳末助け合い配分委員会」という委員会が開催され、どのように配分するかを決定します。委員の中には社協会長や民生委員さん方が参加をされております。

大郷町は、以前までは、各地域にご協力をいただき生活困窮である世帯や、障がいを抱える方のいる世帯や母子・父子世帯などへ直接配分をしておりました。

しかし、今年からは事業及び地域で活動をされている団体を中心に配分をするようにという方針があり、直接配分することは見送られました。

その結果、今回は、町内の各施設(高齢者施設や障がい者施設・教育機関など)や町内の福祉団体(障がい者団体)社協で行う一人暮らし高齢者のための事業等へ配分することが決定されました。また、以前から行っている、町内の寝たきりの高齢者に対してバスタオルを贈呈も決定されました。

そして、配分については、バスタオルについては、地域の民生委員さんにお願いすることとし、団体への配分については、社協が行うこととなりましたので、社協会長が22日に各施設等を訪問させていただきまして贈呈させていただきました。

さて、話は変わりますが、

本日はおおさと社協の理事会が開催されます。議題については、今後の事業計画等についてと評議員さんの選任についての議案が審議される予定となっております!

|

« お詫び | トップページ | 21年回帰録 »