« マニフェスト | トップページ | 新たなスタート »

生活支援員研修会

本文に入る前に

昨日はすいませんでした。更新できませんでした。

実は明日も更新できません。ご了承をお願いいたします。

さて、本日は生活支援員さんの研修があり仙台へ。

生活支援員とは、社協が行っている権利擁護事業である「日常生活自立支援事業(通称:まもりーぶ)」で、実際に利用者のお宅に行って支援をされている方々のことです。

その方々が、年1回集まって全体研修を。そして各支部に分かれてもう1回研修をすることになっており、本日は全体研修が仙台市で開催されました。

毎年出席していて感じますが、生活支援員さん~お話を伺うと、支援員さんが抱えている問題は多種多様で、この事業の難しさを改めて感じます。利用されている方が、主に認知症や精神及び知的障害をお持ちの方や、別の様々な事情があって利用されている方ですから、個人が抱えている問題は多様です。その問題に一つ一つ丁寧に対応をしていただいている支援員さんが抱える問題はそのケースの分だけある(実際はそれ以上になります。)と言えるでしょう。こういった研修を通じて各支援員さんの情報共有や問題解決の糸口になればいいなぁと感じて戻ってきました。

今後も様々なケースに対応されていく支援員さんのサポートは、社協の持つ重要な役割の一つだと感じました。

|

« マニフェスト | トップページ | 新たなスタート »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467511/30759123

この記事へのトラックバック一覧です: 生活支援員研修会:

« マニフェスト | トップページ | 新たなスタート »