« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

生活支援員研修会

本文に入る前に

昨日はすいませんでした。更新できませんでした。

実は明日も更新できません。ご了承をお願いいたします。

さて、本日は生活支援員さんの研修があり仙台へ。

生活支援員とは、社協が行っている権利擁護事業である「日常生活自立支援事業(通称:まもりーぶ)」で、実際に利用者のお宅に行って支援をされている方々のことです。

その方々が、年1回集まって全体研修を。そして各支部に分かれてもう1回研修をすることになっており、本日は全体研修が仙台市で開催されました。

毎年出席していて感じますが、生活支援員さん~お話を伺うと、支援員さんが抱えている問題は多種多様で、この事業の難しさを改めて感じます。利用されている方が、主に認知症や精神及び知的障害をお持ちの方や、別の様々な事情があって利用されている方ですから、個人が抱えている問題は多様です。その問題に一つ一つ丁寧に対応をしていただいている支援員さんが抱える問題はそのケースの分だけある(実際はそれ以上になります。)と言えるでしょう。こういった研修を通じて各支援員さんの情報共有や問題解決の糸口になればいいなぁと感じて戻ってきました。

今後も様々なケースに対応されていく支援員さんのサポートは、社協の持つ重要な役割の一つだと感じました。

| | トラックバック (0)

マニフェスト

なんと先週の木曜日から更新を怠っておりました。

平日ほぼ毎日更新の目標(マニフェスト)が守れておらずにすいません。

ということで先週の金曜日からのことそ今日は順に書いていこうと思います。

まずは金曜日

この日は「宮城県身体障害者福祉大会」に参加のために大郷町身体障害者福祉協会の方と白石市へ。年に1回の福祉大会には県内外から多くの方が集まって盛大に開催をされました。

そして日曜日。

日曜日はおおさと社協は休日に3つの事業が重なるという珍しい事態が発生しました。

まず一つ目が

男の料理教室

日曜日と月曜日に開催したのですが、この日は社協が行っている「配食サービス」の弁当を委託している業者さんの管理栄養士の方を講師にお招きして料理教室を開催いたしました。

いつもは職員がこうしになっているのですが、今回は久々に外部の方が講師ということでいつもとは若干「違った」味付けで皆さん大変満足された様子でした!

また、二つ目が

おもちゃドクター養成講座第3講が開催されました。

おおさと社協から職員は参加できませんでしたが、今回の講座から「実習」がメインとなり、各自持参した道具で実習を行ったそうです!この事業は8月9日日曜日まで残り2回の講座となります。来週も実習中心となりますので今後が楽しみです!

そしてさらに

大郷町総合防災訓練

が開催され、社会福祉協議会からは筆者が参加いたしました。

また、今回は宮城県社会福祉協議会のご協力をいただいて講師の方も派遣していただき、避難所での実際の生活の様子や、現状などの貴重なお話や、実際にアルファ米をお粥に作り替える(これは講師の方も初めての経験だったそうです。恐らく県内でもあまり例がないのでは・・・と話されておりました。)という貴重な体験などここでは書ききれないほどのご協力をいただきました。

そして月曜日は男の料理教室と

いきいきサロン

も開催されました。今回は、筆者と回想法の担当とでお邪魔をして約1時間ほどお話をさせていただきました。

内容については、健康の話であったり介護予防の話など参加者の方が興味のあるお話を中心に、お茶を飲みながら楽しくゆったりとした時間を過ごしてきました。

そして今日

今日は仙台市にある「宮城野区社会福祉協議会」にお邪魔して、回想法の勉強をさせていただきました。

宮城県社協の方の紹介で連絡を取って行ってきたのですが、その担当者の方は実は知り合いだった(会ったことがあった)方だと判明しました。実は昨日も似たようなことがあったのですが、「世間は狭いなぁ。」と感じたここ2日間でした。

話は逸れてしまいましたが、宮城野区社協さんのその担当の方に回想法について詳しくお聞きすることができて、大変勉強になりました。また、今後も相談に乗っていただけるということで非常に心強い味方ができたなたなぁ~と感じた一日まありました。

本当は一つ一つについてもう少し詳しく書きたいのですが、なかなか書けずにすいません。今週と来週にはさらに動きがあると思いますので、動きがありましたらまたここでも報告させていただきます。

明日はちゃんと更新したいと思います。

| | トラックバック (0)

改めて地域を回る

今日は、昨日に引き続いて回想法の担当者と一緒に町内各地を回ってきました。

というのは、町内在住の方ではないので、これからのためにも一度回ってみようということになり、大郷町内をめぐってきました。

もちろんそれだけをするわけではないので、全部は回りきれませんでしたが、筆者も新ためて町内を回ってみて、

「あぁここにこんな建物があったのか・・・」

とか、

「あれ、ここはこうじゃなかったのに・・・」

と感じるところも少なからずあり、勉強になった一日でした。

あす以降は大郷町が行っている「老人ふれあいの家」事業へ担当者がお邪魔させていただいて、地域の方とお話などをさせていただくように、お願いをしてきました。

こうやって徐々に地域に根差した事業になるように現在せっせと下準備を行っております。

| | トラックバック (1)

大郷町の歴史を知る日

今日は久々に大きな予定が入っていない日でしたので、ようやく回想法事業のことについて考えられる時間が取れました。

まずは、昨日担当さんと約束をしたので宮城県立図書館へ。

回想法や心理療法さらに認知症のことについての知識が筆者も不足しているので、その資料を集めに行ってきました。

さすがは宮城県立図書館。いろいろな蔵書があり必要な資料はある程度借りて戻ってきました。

また、午後からは町内を知るために町内施設を案内することに。恐らく今後お世話になるであろう施設などを訪問してきましたが、その中に

大郷町歴史民族資料館

がありました。この建物はその名の通り大郷町の歴史的なものや民族的なものの貴重な資料が展示されているところです。

ただ、存在が少し希薄な感じが(すいません。筆者の個人的意見です。)して、私自身行ったことはありませんでした。

資料館に常駐の職員さんがいないので連絡を取って中を案内していただくと・・・

かなりの資料が展示されています。

今後私たちが行う回想法は、昔のことを思い出してもらいながら、お話を通して脳の活性化を促し、認知症の予防等の効果を見込む事業ですので、その資料としてこの施設は重要と考えてきたのですが、本当に来てよかったなぁ~と思いました。

こういったことがなければ行くことがなかったかもしれない建物でしたが、大郷町の歴史を知るいい一日でした。

| | トラックバック (0)

先週末には

先週末は3連休でしたがおおさと社協は3連休も休みなく事業を行っていました。

まずは土曜日。

筆者は利府養護学校へお邪魔し、ボランティア講座のお手伝いと福祉体験のお手伝いに行ってきました。来年度以降、近隣の社協同士で協力して行うように話が進んでいくようでので、今回は見学とお手伝いに行ってきました。

さらに土曜日には別の職員が特別養護老人ホームの夏祭りへボランティアさんを送迎しながら、ボランティアさんの活動支援を行ってきました。夏祭り前には雨が降っていたのですが、始まると天気も改善し無事に終了したようです!

さらに日曜日と月曜日には

おもちゃドクター養成講座

を開催いたしました。

これはお隣の大和町社協さんと協働で行っている事業で日曜日から全5回の日程で今後は日曜日に開催されます。

おもちゃドクターについては準備やら何やらほとんどを、大和町さんで準備していただいたので、おおさと社協は非常に微々たるお手伝いしかしていないのですが、参加された方のためになるような。そして、今後の活動に活きるような講座になればともいます。

そして今日。

先週より新しい職員さんが来ているのですが、担当の筆者が毎日出張でほとんどお話もできないような状態だったのですが、ようやく1日事務所にいていろいろなお話ができました。

その中にもこのブログの更新について再度お話ししておきましたので、いつ記事を更新していただくはわかりませんが、ぜひお楽しみいただきたいと思います

| | トラックバック (0)

今日は運動会

今日は昨日のブログに書いたように

宮城県身体障害者仙台地方連絡協議会体育大会

が開催されました。

天気は晴天。東北地方は梅雨明けしておりませんが梅雨明けしてしまったような暑い一日となりました。

大郷町からは10名の選手の方が参加され、競技に参加してきました。

結果は

第7位(全8位中)

つまりブービー賞となるのです。

実は毎年ほぼ決まったようにブービー賞な大郷町

特に表彰等はないのですが、毎年なぜか8位にもならずかといって上位に食い込むわけでもないのです。

上位で表彰されるのが先か。はたまたブービー賞で表彰(今はないです)されるのが先か・・・・

少し楽しみな行事です。

| | トラックバック (0)

今日の投稿は

いつもの筆者でお送りします。

これからは

「今日の筆者はいったい誰か??」

という楽しみを持ちながら是非アクセスしていただければなぁと思います。

さて今日は明日に控えた

宮城県身体障害者仙台地方連絡協議会

という団体の体育大会の前日準備でした。毎年この大会は開催されていて、毎年筆者は参加しているので毎年準備のスピードが上がってきています。やはり慣れというものはある一方では厄介な存在ですが、大事ですね。

明日は体育大会。大郷町からも13名の選手が散会する予定となっております。体育館での開催ですので、出場される方については無理をしないで楽しく参加していただければと思います!

| | トラックバック (0)

ついに!

今日からおおさと社協に新たな一員が。

今日から新しく筆者の隣の席で仕事をしていただいています。

筆者がその方の担当なのですが、今日は早速研修で仙台だったので、本日して頂きたいことなど簡単なお話のみをさせていただきました。

その中にはお分かりのように

おおさと社協ブログの更新

も入れさせて頂き、本日からおおさと社協ブログに

ブログの筆者がもう1名増えることになりました!!

これからもどうぞよろしくお願いいたします

| | トラックバック (0)

はじめまして!!

今日から、社会福祉協議会の臨時職員として

頑張っていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

社協のことも、仕事の内容もこれからなので、

職員の皆さんに色々と教えて頂きながら

一生懸命やっていきたいと思っています。

| | トラックバック (0)

問題発生

今日は午後から宮城県内の社協職員で組織されている

職員連絡協議会

の研修会に出席する予定で仙台へ行ったのですが、午前中に大問題が発生したため、その対応のために急遽欠席となってしまいました。

せっかくの機会だったのですが残念です。

この問題も過ぎ去れば「あぁこんなこともあったなぁ~」と思えればいいのですが、今のところはそういう感じには当然なれていません。

早急に何とか解決したいと思います。

さて、話は変わりますが、明日はついに臨時職員の方が初出勤される日となりました。午前9時に出勤する予定なのですが、筆者は明日も出張となっており、会えるかどうかわかりません。

これからいい事業にすべく努力していきたいと思います!

| | トラックバック (0)

事務所の小変更

本日は午後から事務所の配置換えを行いました。

気が向いたからというような理由でしたのではなく、おおさと社協では今後新しい臨時の職員さんが2名入ることとなっており、そのうち1名の方が、今週から業務を開始します。

そのために現在の事務所の中に新たに机を2台入れねばならず、そのためにレイアウト変更を行ったのでした。

広い事務所なら大きな問題はないのですが、おおさと社協は非常に狭い事務所なので、机を2台入れるのにも一苦労。

なんとか入ったものの、多少の犠牲を払ってのレイアウト変更となりました。

レイアウト変更をすると決まってどこに何を置いたか分からなくなるのですが、今回はそういったことがないようにしたいと思います。

| | トラックバック (0)

1発合格

今日は7月9日。

おおさと社協の役員の改選が6月1日にあったのですが、その後1か月で1名の理事さんが交代をしました。

7月1日付で就任されたのですが、役員が変わると

変更届

の提出が待っています。

6月の改選の時の変更届は、何度も差し戻し(違う部分で毎回指摘されました)になり、ようやく先日変更が終わったばかりだったのですが、今回も当然同じ事務を繰り返すことに。

変更の事実の後10日以内の変更なので、今日提出してきたのですが

無事受理していただきました。

当たり前のことなのですが、かなりホッとしたのは言うまでもありません。

よかったよかった。

さて、明日のブログは担当者不在なので、更新できないかと思います。

月曜日には

会議の後に、事務所レイアウトの大幅な変更が待っています。

恐らく年末の大掃除よりも大がかりなレイアウト変更になるかもしれません。

来週は激動の1週間になるでしょう。

このブログにも水曜日あたりに大きな変化がやってくるかも!

筆者も密かに期待しています。

| | トラックバック (1)

人と会う一日

最近は事務所内でせっせと事務をしているということは最近のブログをお読みの方はごぞんじのことかと思いますが・・・

今日は多くの方と会う一日でした。

まず午前中に

新規で日常生活自立支援事業を開始する予定の方の調査

を行いました。本当はこの後にお隣の富谷町社協さんで新規採用になった職員さんがご挨拶に来る予定だったので、お会いしようと思っていたのですが、思いのほか調査が長引いてお会いできず。これは残念な結果でした。

午後からはおおさと社協が新規に行う「健康長寿対策事業」に伴う臨時職員採用で面接に。

私は面接官ではなかったのですが、同席させていただいていろいろとお話を伺わせていただきました。

さらにその後にはボランティア友の会長さんがお越しになって研修会の打ち合わせ。

亘理郡・宮城郡・黒川郡で組織しているボランティア広域ネットワークの事務局が大郷町協会になっており、今年度の研修計画を立てなければならず、実のある研修会にするためにどのようにしたらいいかという相談にお越しになったので、いろいろとお話しさせていただきました。

というわけで、今日一日は様々な方とお会いする人なりました。富谷町の方にお会いできなかったのが残念でしたが、やはり人と会っての職なのでこういう機会を大事にしなければと感じる一日でした。

さて明日は…

再び役員変更手続きのために午前中に仙台市に行ってきます。

やっと終わったはずの役員変更ですが、7月1日から理事さんが1名交代になりましたので、その申請に行ってこようと思います。

明日こそは1発で決めてきたいと思います。

| | トラックバック (0)

目が回るよう

昨日は午後から「地域福祉活動計画」に関する会議に参加していました

おおさと社協では、今年度に「地域福祉活動計画」を策定する予定となっています。

ただ、まだ策定委員も選任していないのですが…

昨日は今後活動計画を作る予定となっている社協さんが集まって様々な指導やアドバイスをいただきました。

これを基に早めに何とかしたいなぁと思っています。

最近はその他にも

「ふるさと雇用創生特別基金事業」の準備や、今まであった社協の事業の見直し(今回は一つの事業を見直しして、現在実施中です)さらに・・・・

と様々なことがすでに予定されていて、目が回るようです。

そんな中今日は

お達者サロン

を実施いたしました。

今までおおさと社協では各行政区単位でいきいきサロン事業を実施してきたのですが、最近は下火になってきている傾向があり、すでに各行政区では実施することで難しくなってきていました。

この状況を何とかしようと地域の方に声をかけて、行政区の枠にとらわれない形で、自らが楽しみそして言い方は少し悪いですが、勝手に事業が広がっていくようにするために新しいサロン活動を展開することとなりました。

難しいことは抜きにして、参加された方が自分の持ち込んだ企画で楽しんだり、ほかの人の話を聞いたり、休んだりと行政区を超えて活動するようなサロン活動になるように今日からスタートしました。

まだまだ始まったばかりで手探りですが、何かを変える「きっかけ」にはなればいいなぁ~と思っています。

| | トラックバック (0)

協定を結びました!

7月2日はおおさと社協にとって新たな1ページを刻んだ日となりました。

何かというと

仙台都市圏域等市町村社会福祉協議会災害ボランティアセンターの相互支援に関する協定書

が締結された日であるからです。

この協定は、協定が結ばれた社協が大規模災害で被災地となった時の人的支援や資器材の支援・そして平常時の研修等の協力についての協定となています。

その協定の段取りがすべて整い、昨日仙台市福祉プラザにおいて調印式が行われました。

その時の様子

Pict0012

さらに会長さん全員で手をつなぎ

Pict0013

協定の結束力を伝えました。

今日まで協定がないときでも社協同士何かあった場合にはすぐ駆けつけるような環境や雰囲気はありましたが、この協定によって文書化され、より強固な支援体制が出来上がることを希望しています。

おおさと社協のように小さな社協は、大規模災害時にその機能を失いやすく、大規模災害の時に素早く町民の皆様の支援に行けるような体制がもしかしたら取れない可能性もあります。この協定によってそういった危険を少しでも回避できるのなら。そして自分たちが応援に行くことによって、少しでも役立てたら…

そう思ってなりません。

| | トラックバック (0)

昨日は

ブログにアクセスできない時間が多く、更新できずにすいませんでした。

午前中は管理画面にアクセスでき無いだけでブログの閲覧はできたのですが午後になるとブログの閲覧もできない事態となっておりました。

それによって数人の方から

ブログがなくなったのか?

というお問い合わせをいただきました。

ご心配いただきましてありがとうございました。おおさと社協ブログはこの通り無事ですのでご安心ください。

さて、昨日は

ボランティア広域ネットワークの役員会

が大郷町高齢者コミュニティセンターで開催されました。

この会は、亘理郡・宮城郡・黒川郡のボランティアさんがたが広域でネットワークを作り、研修や交流を行うために作られたものです。

今年度は、大郷町のボランティア友の会が幹事で、大郷町を会場に研修をどのように行うのかということで、会議が開催されました。

実は筆者は会議には出席しなかったのですが、終わった後聞いたところによると、研修のあり方について様々な意見が出され、再度役員会を開いて検討するということになったようです。

皆さんにとって実りある研修になればと思います。

さて、話は変わるのですが

先日仕事を終えて筆者が家に帰った時のこと。

家の前で人を待っていたのですが、待っている間に小学生の集団が通り過ぎて行きました。

そのときには特に気にしていなかったのですが、通り過ぎてからしばらくして一人の小学生(ちなみに女性でした)がこっちに向かって走ってきます。

何かあったのかなぁと思っていたら少し離れた所から

●●小学校○年の・・・・・・(フルネーム)です!

と大きな声で挨拶をして去って行きました。

びっくりして思わず「はい。」と答えるのが精いっぱいでした。

思えば去年、福祉体験で行った学年だったなぁ~。

としみじみ。

そういえば最近町内を歩くと「あ!○○さん(筆者の名前)だ!」と耳にするようになりました。

少しは地域に顔を覚えてもらったんだなぁ~思った日でした。

| | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »