« 捨てるということ | トップページ | 身分証明書について »

捨てることよりも

さて、今日も昨日に引き続いて本会事業自体とは少し離れたことを少し。

筆者の机の上には「文房具置場」として使っているスペースがあって、そこに普段使っている文房具のほぼ全てを入れています。

そこまでは特に問題はないのですが、その中で約3カ月周期くらい困ったことが起こります。

それは、

文房具がなぜか偏る。

ということなのです。偏る?と言われてもピンとくる人は少ないと思います。もう少し詳しく話すると、

ペン立てにボールペンしかない時があったり、シャープペンしかない時。そしてたまに赤いボールペンだけがない時など、必ず何かがなくて、そしてその代わりに何かが大量にあるのです。

現在黒のボールペンが使えるものは1本しかありません。

まさに風前の灯。

どこかに持って行って戻さないというパターンはあるのですが、それにしても全部がなくなることはなくて、どれか1種類が大抵なくなるのです。

そしてよく使っていても無くならないものは無くならないのです。

ちなみに隣の職員が、先日文房具入れに合った「ハサミ」をどこかに置き忘れ

ハサミなし

の期間がしばらくありました。

だからと言って隣の職員を疑ってはおりません。

昨日は「捨てること」について書いたのですが、

もっと物を大切にすること

も学ばなければなりません。

ちなみにこれから黒いボールペンは事務所内を捜索して補充したいと思います。

|

« 捨てるということ | トップページ | 身分証明書について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467511/27345774

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てることよりも:

« 捨てるということ | トップページ | 身分証明書について »