« 今後の社協を考えるきっかけに | トップページ | 交通安全GB大会 »

社協の事業評価について考える日

今日は、久々に事務所内で一日事務作業をしていました。

今週末に迫った災害ボランティアセンター運営訓練のための打ち合わせ(職員向け)を明日行うことにしていたので、その資料作りを行っていました。正直、今日がなかったら資料ができなかったかもというくらい少し資料が遅れ気味になっていましたが、今日でバッチリ取り返し、何とか資料が完成しました。

今日はその話ではなくて、一日事務所にいると職員間で仕事に関係することで様々な話が出るのですがその中から少し。

おおさと社協は会費・寄附金・事業収入とともに町から頂いている補助金・受託金で主に運営をされています。その話になると必ず出てくるのが

来年の事業

の話です。例年この時期になると

予算の作成に取り掛かる→来年の事業について考える

という図式が出来上がっていて、今年も例外ではありません。

そのような中、今日は金曜日にした打ち合わせの話から始まって、社協の事業についてまで話が進みました。

今まで行ってきた事業をそろそろ本格的に見直さなければならないのではないか。今まであった事業の統廃合も含めて取り組む必要があるよね。

という話が出てきました。

筆者は「社協活動実践研究委員会」でまさにそれを検討しているグループ(しかもリーダー)なので、これは少し話す必要があると思い、少し事務所内で話をさせていただきました。

今後の社協ということを考えた場合、何をしなけれなばらないのだろうか。会費を町民の皆様から頂いている団体として、その会費をどのような事業にし、どうやって町民の方々に還元していくのか。職員それぞれがそれぞれの立場で意見を出し合って直すべきところは直し、伸ばすところは伸ばしていかなければならない。

非常に基本的で当たり前の話なのですが、恥ずかしながらなかなかうまくいかないのも現状で、今後はこういったことをもう少し検討しなければならないね。という話になりました。

これを話だけで終わらせないで、きちんと

事業評価→求められる社協事業

に今以上になれる仕組みを作っていかなければ!

と私は思いました。その場で一緒に話していた職員も、恐らく同じ考えだったと思います。今日はおおさと社協の今後の事業について、各職員がそれぞれ今以上に考えるきっかけになる一日でした。

|

« 今後の社協を考えるきっかけに | トップページ | 交通安全GB大会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467511/25202349

この記事へのトラックバック一覧です: 社協の事業評価について考える日:

« 今後の社協を考えるきっかけに | トップページ | 交通安全GB大会 »