« ついに | トップページ | 本日はシルバー人材センターへ »

生活支援員研修会

本日は生活支援員研修会に参加してきました。

生活支援員とは

日常生活自立支援事業(宮城県では「まもりーぶ」と呼んでいます。)の事業を実際に行う方々のことをさします。

その「まもりーぶ」とは

簡単に説明すると、

認知症や知的・精神障がいのある方で自分に必要な福祉サービスを選んだり、契約を結んだり利用料などの支払いが一人ではできない(自信のない)方に対する支援サービスです。

その事業の支援員さんのための研修会に支援員さんと一緒に参加してきました。(おおさと社協(各市町村社協)は宮城県より事業の一部を委託されています。)

さて、この研修会。午前中は活動してから3年未満の方とそれ以上の方に分かれての研修(接遇・障がい者への対応についての研修)が行われ、午後からはグループに分かれて、ディスカッションでした。

ディスカッションの中では、現在困っていることや悩んでいること。支援をしていて気がついたことや、良かったこと、どうすれば良くなるかといったことを中心に話し合われました。

私は、そのグループの進行役となってしまい、進行することになりました。

進行と言えば、前回の

ファシリテーション研修

を活かせたかどうか??ということですかどうだったのでしょうか・・・

かなりご意見はいただけたので、良かったような気がしていますが、もう一度振り返ってみようと思います

|

« ついに | トップページ | 本日はシルバー人材センターへ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467511/24628519

この記事へのトラックバック一覧です: 生活支援員研修会:

« ついに | トップページ | 本日はシルバー人材センターへ »