« マクロなるもの② | トップページ | お気づきでしょうか。 »

日常生活自立支援事業(まもりーぶ)の相談中にふと。

さて、最近福祉関係のブログが減ってきたようですので、今日は少し真面目に

日常生活自立支援事業(通称:まもりーぶ)の相談中に感じたことについて書きたいと思います。

現在おおさと社協(全国の社協さんで行っています。)では、上記事業の窓口となり、相談・支援などを行っています。

日常生活自立支援事業って何だ??

という方のために。

日常生活自立支援事業とは、自分に必要な福祉サービスを選んだり、利用するための契約を結んだり、利用料などの支払いをすることができない(自信がない)方のお手伝いをする事業で、実際には

・福祉サービス利用のお手伝い

・日常的な金銭管理のお手伝い

・書類等のお預かり

などのサービスを行っています。

詳しくは宮城県社協のHP内

http://www.miyagi-sfk.net/jigyosho/mamo.html

へアクセスして頂きたいと思います。

さて、昨日は新規にサービスを利用したいという方のお宅へ訪問をさせていただいていました。話の内容についてはここではふれませんが、やはり人生人それぞれ。いろいろなことがあるなぁ。と感じた一日でもありました。

また、相談の中で、私たちが提案することに対しても、物腰柔らかく遠慮されたりするこの姿勢を、今の私たちは理解し、学ばなければならないなぁとも感じる一幕でした。

また、

地域に暮らす方を地域の中で。安心して生活できるように。ご本人が支援されている気がしないように自然と支援の輪が広げて行けるように側面支援をしていくことは、社協の大きな役割なのではないだろうかと思わずにはいられませんでした。

具体的にどうするのかということはこれからの課題ですが。

ただ別な方の話ですが、以前この事業に携わっていただいていた支援員の方が、その役が終わった現在も定期的に以前担当されていた方のお宅訪問しているのですが、

こういうことだよなぁ~。と個人的に感じています。

|

« マクロなるもの② | トップページ | お気づきでしょうか。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467511/23110510

この記事へのトラックバック一覧です: 日常生活自立支援事業(まもりーぶ)の相談中にふと。:

« マクロなるもの② | トップページ | お気づきでしょうか。 »