« 本日は穏やかに | トップページ | 平成20年度開幕 »

生涯1ヘルパー

本日は3月31日で、ついに平成19年度の年度末となりました。

ありふれた言葉ですが、

春は出会いと別れの季節です。

本日、我がおおさと社協でも1名が定年となり、退職をされました。

今日はその方の話を少し。

その方が社協に入ったのは今から27年前の昭和55年の8月ことでした。

当時はまだホームヘルパーという名前ではなく、家庭奉仕員としての採用だったそうです。

最初は町の担当職員として活動をしていたそうですが、その後所属が社会福祉協議会に移り、現在に至るそうです。

昭和55年からの27年間は、自分を取りまく環境は大きく変わっていったことでしょう。私の知る限りでも事務所は3回場所が変わっています。そのほかにも事務局体制の変遷や国の制度も変わる中、ホームヘルパーとして毎日地域の中に出て働いていました。

地域の中で信頼を勝ち得て退職となった今日の朝も、本人宛に仕事の電話が来ていました。

そんな職員がよく話していたことは

「生涯1ヘルパー」

実は昭和55年8月とは、筆者の生まれた年月と同じなのですが、私の今日までの人生の時間を社会福祉協議会ともに過ごして来たと思うと、ただただ頭の下がる思いです。

「大先輩」の人生の節目に大きな拍手を送りたいと思います。

おおさと社協では、大先輩を来年度以降登録ヘルパーとして再雇用し、再び新たな気持ちで地域で活動していただこうと思っております。

本日このブログをご覧の方の中にも、部署が変わったり、退職されたりと様々な異動や環境の変化があった方々がいらっしゃると思います。おおさと社協はそのすべての方に大きな拍手を送ります!!

ちなみに筆者は異動等はなく、今日もこうしてブログを更新しています。

それでは平成20年度もまたこの場所でお会いしましょう。

|

« 本日は穏やかに | トップページ | 平成20年度開幕 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/467511/12004066

この記事へのトラックバック一覧です: 生涯1ヘルパー:

« 本日は穏やかに | トップページ | 平成20年度開幕 »