« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

福祉有償運送運営協議会

今日は社協にとって非常に大きな一日でした。

それは

福祉有償運送運営協議会

の日だったからです。

大郷社協では、今後有償福祉運送事業を開始しようと現在体制を整えている最中です。その中で、国へ許可申請を提出する前に各種関連業界の方々や団体の方々に集まっていただいてその申請の内容について協議するというのが今日の会議です。

この運営協議会では、細部にわたって様々な質問が出てきます。それに一つずつ回答を申し上げ、ご理解と承認を得るというものなのですが、正直

緊張しました。

今まで社協に勤めてから、あまりかかわりを持ったことの無い業界の方もいらっしゃっていますし、会議録を見る限り非常に「突っ込んだ」議論になることは承知していたからです。

しかしそういった意見もこの事業をよりよいものにするため。利用者の福祉の向上のための事業ということで委員の方も十分承知されているとことですので、厳しい意見が出されるのももっともです。

今回の協議会でも様々な意見が委員さん方から出され、それについて一つ一つ回答していきました。その結果

協議成立

していただきました。(社協は参考人としての出席です)

これから、定款を変更して書類をまとめて申請することになります。

本日の協議会のために尽力していただいた方々。委員として様々な意見を出してくださった方々に感謝を申し上げます。

そしてここから申請となり、事業開始に向けてさらに準備を進めていかなければならないので、いい事業になるように努力していきたいと思います。

| | トラックバック (0)

運営監視合議体現地調査

今日は午前中に

運営監視合議体現地調査

に参加してきました。

この調査は昨年に引き続いて今年も行われています。

これは、日常生活自立支援事業(宮城県では「まもりーぶ」事業)という名称の事業で、

在宅の痴呆性高齢者や知的障害者・精神障害のある方と契約を結び、

福祉サービス利用のお手伝い

日常的な金銭管理のお手伝い

書類などのお預かり

を行う事業について、事業の運営がどのように行われているかなどを調査するものです。

仙台地域の社会福祉協議会の担当者と宮城県社会福祉協議会の担当の方と運営適性化委員の方と、合議体の委員の方が一同に開始様々な意見交換を行ってきました。

様々な事象について、活発な意見や率直な意見が出され、大変意味深い会議でした。

| | トラックバック (1)

男子厨房に立ってみるべし

今日はちょっとタイトルを変えてみました

昨日に引き続き今日は

「男の料理教室」(平日コース)です。

Pict0015

以前は男性は家庭で台所に立つなんてことは少なく、料理を含む家事のほとんどが「奥さん」にお任せという方が多かったのではないでしょうか。

しかし、今や

男は仕事・女は家事

なんてことはなく、ライフスタイルが変化し、男性も台所に立つ機会も少しずつ増え始めました。

「男の料理教室」はこうして開始することになりました。

そして、実はこの事業にはさらにもう一つ大きな理由があります。それは

「男性同士の地域でのコミュニケーション」

にあります。男性は多くの人が会社に働きに出ています。休日は家族と出かけたりと「地域」の方たちと交流する機会が少ないように感じていました。

その方々が、いざ定年を迎え、地域に「再デビュー」したときに地域に一人でも多くの知り合いができるといいなぁという思いがありました。そこで

「料理を覚える。」ということと「地域の方々との交流」ということを目的にこの事業を開始いたしました。

本年度の料理教室は本日で終了いたしました。最後に締めくくりとしてハンバーガー屋は行いますが、料理教室自体は終了です。

来年度は今年度の反省も活かしながらさらによい事業になるように活動していきたいと思います。

男の料理教室に興味のある方は、このブログや広報等を利用して来年度も受講生を募集いたしますので是非ご参加ください!

| | トラックバック (0)

男の料理教室

今日は

男の料理教室(休日コース)を開催しています。

今日は11月の出店をにらんでハンバーグ作りに挑戦です!!

玉葱と涙の対決をし、優しく手で整形して最後は熱い戦いへ。

2種類のハンバーグを作りましたが、そのどちらも味は上々でした!

Pict0016

その他にも今日は「卯の花」「山形風芋煮」などを作りました。

Pict0029

そしてハンバーガーも一つ試作して味見!

Pict0027

とてもおいしくできました。

価格は男前に100円!!

11月4日のお昼前頃に大郷町文化会館にて販売します(限定150個)

お越しの際は是非お立ち寄りください!

| | トラックバック (0)

「ちょっとした勘違い」から1週間

前回「ちょっとした勘違い」で書きましたが、コミセンの屋根の修理の件です。

この間、町の担当の方にお会いしたときに

「コミセンの屋根ってどうなりました?」

と聞いてみました。

そしたら

「もう直したよ。」

とのことでした。

やっぱり先週直したみたいで、連絡がお互いに行き届いていなかっただけのようです。

勘違いが勘違いに。

ということで屋根は修理されました。

これからは安心して使えます。

今日は今から大正琴の方々が練習に集まってきています。

| | トラックバック (0)

一ヶ月が過ぎました。

気が付けば一ヶ月が過ぎました。

何かといえば

「大郷社協ブログ」開設から一ヶ月。

平日ほぼ毎日更新していますが、良く続いていると我ながら感心しています。

多くの方からアクセスをいただきましてありがとうございます。

これからも日々更新して行こうと思いますのでよろしくお願いいたします。

さて、今日の話題は「来年について。」

来年の事業について考え始める時期が近づいてきました。

今行っている事業を見直し、再検討することになるわけですが、今年度の実績を見て新たに作るもの。縮小するものなどを検討しています。

来年度は今年よりも町民の皆様の目に触れるような事業を行っていこうと考えています。

ちなみに、昨日おおさと社協出前講座のチラシの印刷が終了いたしました。来月の広報などと一緒に各家庭へ配布していただくようにいたしましたので、是非ご覧下さい。

Pict0001

| | トラックバック (0)

毎週水曜は配食の日

唐突ですが。

毎週水曜は配食の日です。

配食とは社会福祉協議会が町からの委託を受けて行っている事業のひとつで、正式には「大郷町高齢者等生活支援・生きがい健康づくり事業」の中の「配食サービス事業」です。

毎週水曜日に申請のあって承認された方々に対して、お昼にお弁当を配達しています。

料金は本人負担が250円。お弁当は多賀城の業者さんにお願いして作っていただいています。

実際のお弁当はこんな感じ

Pict0019

毎回暖かいお弁当を配達しています。

配食には多くのボランティアさんの力を借りています。1回の配達に約6名のボランティアさんに協力していただいております。

その他にも町からは様々な事業を受託し事業を行っています。その事業についてはこれから少しずつ書いていきたいと思います。

さて、ここからは少し話が変わりますが、

昨日事務所から駐車場を見てみると、植えてある木の根元に大きなビニール袋が。

どうやら中身も入っている様子。結構膨らんでいます。

一体何だ?

と思って回収をしにいったわけですが、その中身は・・・

車の芳香剤や何やらの空箱などがたくさん入っていました。

どうやら休日に駐車場で作業でもして、そのまま忘れていたのか捨てていったのか・・・

忘れていったのなら仕方ないですが、そのおかげで、私の手が半日くらい軽く「香る」ことになりました。

| | トラックバック (0)

あれから3年

平成19年10月23日で3年を迎えました。

何かというと

「新潟県中越地震」

3年前のあの日。新潟県を中心に日本中に激震が走りました。

多くのボランティアが現地に駆けつけ、様々な支援を行いました。

実は私も長岡市に約1週間行ってきました。

先日のニュースで、

中越地震から3年たった今も、復興は100%果たされていない。人口の流出が止まらず、小学校が統合し1校が廃校することになった。今年最後の文化祭が開催される。

といった内容で報道されていました。

私が行ったのは今日までの3年間のうちのたったの1週間でした。その後も多くの方が支援をし、また地元の方々が協力し助け合いながら、きっとここまで復興してこられたのでしょう。廃校という結果はとても残念ですが。

私が行った頃は、まだ避難所に多くの方が避難されていて、大きな余震もまだあるころでした。その1週間は長岡市の「災害ボランティアセンター」の中で活動をしました。災害ボランティアセンターとは、とても簡単に言うと、県内外から来た支援の為のボランティアさんを現地に派遣する所です。

1週間たって私はここに戻ってきたわけですが、その後、日々の生活や仕事をしていくうちに少しずつその時の事を忘れていっていたように思います。

恐らくこのブログを見た方の多くは、中越地震の報道が毎日テレビでされていた頃、大きな関心と不安を持ってテレビを見ていたのではないでしょうか。それが時間がたつにつれて、少しずつ「過去」のものになっていってしまっていないでしょうか。

日々起こったことを、毎日忘れずに生活していくことは恐らく不可能に近いでしょう。「覚えていましょう!」なんてこと言いたいのではありません。ただ、大事なことは

今その時の事が生かされているか?

ということです。非常にありきたりで良く聞く言葉です。

残念ながら、災害によって亡くなられた方もたくさんいます。

その方たちの誰が「自分が災害に巻き込まれて・・・」

なんてことを考えていたでしょうか。

大郷町のある宮城県も近いうちに「宮城県沖地震」が来ると言われています。

また、全国各地でも様々な災害の予想がされています。

地震以外にも、台風や竜巻・集中豪雨などもあります。

私たちは今、一人一人が何をしなければならないのでしょうか。

中越地震から3年。忘れていた人・そうでない人も、もう一度考えてみませんか?

| | トラックバック (0)

ほのぼのお出かけ会

行ってきました!

ほのぼのお出かけ会

この「ほのぼのおでかけ会」について説明すると、

町内に在住の65歳以上のひとり暮らし高齢者の方を対象に「ほのぼの給食会」とほのぼのお出かけ会」として開催している事業です。

ほのぼの会は、年に2回コミセンで午前中に簡単手芸などの軽作業をして、その後お昼を食べながら歌を歌ったり、レクリエーションをする事業です。

その給食は、町内のボランティアさんにお願いして作っていただいています。

そして「ほのぼのお出かけ会」はその方たちを日帰り旅行にご招待するものです。

さて、前置きが長くなりましたが、

町のバスに乗って、いざ出発!!

Pict0010

さて、今日は大郷町の隣にある日本三景「松島」へ行ってきました。

松島のどこへ行ったかというと

「円通院」「瑞巌寺」へ行ってきました。

松島といえば「瑞巌寺」が有名ですが、今回のメインは「円通院」の「数珠作り」です。

最初にお昼を食べていざ円通院へ!

Pict0053

皆さん思い思いの玉を選んで悪戦苦闘(玉に糸を通すのが大変)しながらも数珠を作りました。

Pict0043

そして円通院で集合写真を撮って今回の予定は一応終了。

でも帰るのには、少し時間が早かったので、お隣の「瑞巌寺」へ足を伸ばしました。

隣町なので皆さん結構行ったことあるかなぁ~と思いましたが、最近なかなか外に出れずに

「来るのはもう何年前かしら?」

という方も多くいました。

そしてお土産を買ってバスに乗ってさて帰ろうとしたその時!

事件が発生しました。

2人足りない・・・

瑞巌寺を出たところまでは居たのに・・・

ということで捜索です。

とりあえず瑞巌寺まで戻ってみます。

居ないようです。

ということで、瑞巌寺の中門の周辺を探していると携帯電話に

「発見!!」

との報告が。

発見というよりバスのところに来た。というのが正しいようです。

どうやら皆が買っていたお土産屋とは違うお土産屋に行っていたとのこと。

とにかく何も無くてよかった。

ということでバスに全員乗り込み無事に帰ってきました。

今年のお出かけ会はこれにて終了。12月には最後の給食会があります(12月7日)

最後に、この事業は一人一人のお宅まで送迎も行っています。それにご協力のボランティアさんに感謝申し上げます。

| | トラックバック (1)

ちょっとした勘違い

昨日のブログでコミセンの屋根について書いたのですが。

修理は今日ではありませんでした。

確かに昨日「今日来る」と聞いたつもりだったのですが、

どうやら勘違いだったようです。

少し歳を感じました・・・

気を取り直して。

 最近「おおさと社協出前講座」について少しずつ書いていますが、昨日

ポスターが完成

しました。

 チラシは、来月区長さんを通じて全戸配布していただけるように、昨日お願いしてきました。

 月曜日は別の事業「ほのぼのお出かけ会」があるのでできませんが、近日中に町内の各所にポスターを貼らせてもらえるように、町内を歩き回る(といっても車で)予定です。

 ということで月曜日は「ほのぼのお出かけ会」について、書く予定です。

 これは間違いなく書きたいと思います。

 忘れなければ。

| | トラックバック (0)

最近起きるトラブル②

さて、今日はこの間書いたトラブルの第2弾。

本当は第2弾なんて無いほうがいいのですが。

この間は社協所有の車のトラブルについて書きました。概略は

① 匂いが酷かった。

② 窓が開いたり開かなかったり。

③ バッテリーが風前の灯に。

と、社協にある3台の車がそれぞれにトラブルを抱えたことを書きました。

今回はそれとは別のトラブルについて。

一つ目はこれまた車のことについて。この間匂いの酷くなった車ですが、その後、エンジンのかかりが非常に悪くなってしまいました。原因は今のところ不明。一回かかれば問題ないようですが、朝一番にかけるときに随分苦労しているようです。バッテリーなどには異常ないんですが・・・

次のトラブルは、コミセンに雨漏り発見。

社協で今年の7月から指定管理を受けている「大郷町高齢者コミュニティセンター」ですが、その調理室から雨漏りが。強い雨が降ったときや、雨が続いたときにどうやら漏れるようです。

そしてこれは前からのことですが、

パソコンが古い。

 私が使っているものではありませんが、社協所有で現在も使用しているパソコンが非常に古くなってきました。古いパソコンは2台あるのですが、そのうちの1台(ノートパソコン)はもはやディスプレイを閉じる事さえもできず、補強のために画面の枠をクリップで固定しています。

早めにこの状況も何とかしていきたいと思います。

ちなみに雨漏りは明日修理の予定です。

| | トラックバック (0)

映画「ふみ子の海」実行委員会

今日は午前中に映画

「ふみ子の海」

Pict0010

の第1回実行委員会が開催されました。

Pict0008

この映画は、文部科学省選定の厚生労働省が推薦する映画で、宮城県内各地でこれから上映されていくものです。

その映画を大郷町でも上映しようということになり、本日第1回目の実行委員会が各種団体の方のご協力を得て開催することになりました。

今日の会議で大郷町では、平成19年12月16日(日)に上映する方向でまとまりました。

と、いうことで、12月は15日が幼児安全法講座16日が映画上映会と日程が続くことになりました。どちらの事業の情報も随時これから載せていきたいと思います。

| | トラックバック (1)

おおさと社協出前講座

今現在計画中ですが。

今年の12月15日(土)午前中

「おおさと社協出前講座」を開催します。

内容は「幼児安全法講習」です。

大郷町民なら誰でも参加できます。参加費は無料です。

家庭で小さなお子さんを抱える方が安全に子育てができるようにと、注意すべきことや家庭にあるものでできる応急手当などを勉強できる機会です。

詳しくはこのページでも書いていきますが、新聞折込等でもお知らせして行こうと考えておりますので、そちらと併せてご覧下さい。

今現在、「チラシ・ポスター」を作成中です。

| | トラックバック (0)

事業の裏側②

今日は、11月28日と29日に開催される「男の料理教室」の試作品作りです。

Pict0005

今回は、11月の4日に出店予定の「ハンバーガー屋」の為のハンバーグ作りがメインの料理教室となります。

さて、料理教室で行うことになった、ハンバーガー屋ですが、準備の段階に入り参加者の方から多くのご協力を受けています。

さすが働いている男性!という感じで自分のしてきた仕事の得意分野を生かして、さまざまなご協力をいただいています。

今度の料理教室で実際にハンバーガーを作ってみて、よりよい物を出したいと思います。

| | トラックバック (0)

最近起きるトラブル

突然ですが。

最近公用車のトラブルが多いんです。

ブログを始める前に、「社協日記」というものをやっていました。そこである1台の公用車についてのトラブルについて書き綴っていましたが、その公用車は今年度廃車にしてしまったので、最近まで公用車関係のトラブルはありませんでした。

しかし

最近にになってトラブルが続出しています。

最初はほんの些細なことでした。

それは、社協で行っている「外出支援サービス」という事業で、高齢者や移動困難な方の通院や買い物の支援などを行っているのですが、その買い物の際に魚を買ってきたらしく(それも発泡スチロールにいれて。)その発砲スチロール内の水がこぼれて、更にそれの掃除が行き届いていなかったらしく、とんでもない匂いを発生させていました。

 それについてはその後きっちり掃除をして(EM菌というもので匂いを取りました。)事なきを得たのですが、今度は別の車の

「窓が開かなくなる」

との報告を受けました。

どうやらパワーウインドーのスイッチの不良なのか、窓が開かなくなくなる(閉まらなくなる)ことがたまにあります。

さらに今日。3台目の公用車にもトラブルが。

昨日室内灯を消し忘れていたようで、バッテリーが風前の灯に

こうったように最近ちょっとした公用車トラブルが発生しています。

これからタイヤ交換など作業が控えているので少し心配です。

話は変わりますが、今日は午前中に「大正琴」の練習をコミセンで行っています。いい音色が時折事務所に響いてきます。

| | トラックバック (0)

10月に入り考える。

平成19年も10月に入り今年もあと2ヶ月になってしまいました。

10月といえば・・・・

特に浮かびませんが、平成19年度が4月に始まって7ヶ月。ついに半分を過ぎました。

この時期になると、だんだん来年度の話がちらほらと。

平成20年の足音が少しずつではありますが、聞こえてくるような気がします。

といっても平成19年度はまだ半分。これからたくさんの事業があるわけですが、今年度の半分を振り返ってみると、事務系の仕事がとても多かったように感じます。

 まず毎年の事業報告・決算に始まり今年度は役員の改選がありました。そして大郷町社会福祉協議会では、新規事業を来年度から本格始動するべく、現在会議がたくさん入っています。また、社会福祉協議会の中心をなす規程の「定款」も今年はすでに2回改正しており、その他にあと1回改正することになっています。

今年度は来年度へ向けての準備期間ということで、今社協では通常業務と平行して新規事業の立ち上げのための準備を行っています。

新規事業についてはまた時機を見て書こうと思いますが、今日は新規事業以外の現在行っている事業について。

 来年度は現在考えている新規事業以外にも、今まで行ってきた事業も少しずつ見直そうと考えています。何か参考となる意見がありましたら、是非コメントをお願いしたいと思います。お寄せいただいた意見は実現できるものもそうでないものもあると思いますが、参考にさせていただきたいと思います。

| | トラックバック (0)

社協活動実践研究委員会

参加してきました。

 今回は、正式に第1回目(というのは8月に準備委員会が1回開催されている。)ということで、宮城県社会福祉協議会の加藤正人会長から一人一人に委嘱状が渡されました。その後、委員会の委員長・副委員長の互選が行われ、無事に委員会が立ち上がりました。

 その後、「社協のあり方検討委員会」から現在に至るまでの説明などをうけて、これからの進め方等についての話し合いがされました。研究テーマ選定で多くの意見が交わされ、準備委員会で検討されていた4つのテーマを再編しを3つに変更しました。

 そしてグループ分け、グループ内での班長の決定、今後の方向性などを話し合いこの日は閉会しました。

 社協に入ってもう何年にもなるベテランの方から、まだ入ったばかりの方、社協以外の組織から委員になった方など様々な経験値や考え方・視点を持った方が今回委員になりました。初めて顔を合わせる方も多く、実践研究ということ以外でも新たなネットワークも生まれたと思います。

 次回(恐らく来月)から具体的な実践研究ということになります。また、委員会が開催され次第報告していきます。

 そして本日。大郷町社会福祉協議会では、午後から11月に開催される「大郷町老人クラブ連合会運動会」の打合せをしています。また、大郷町の大松沢小学校に伺い、福祉活動・ボランティア学習推進協力事業の助成金を手渡ししてきました。

 この事業は県の指定事業(本年度で最終年度)で申請をし指定を受けた学校に助成金をお渡ししています(3年間)。

 その他に大郷町社会福祉協議会では町内の小・中学校に福祉活動助成金をお渡しし、福祉教育のために役立てていただいております。また、各学校から要請のあった場合には、それに応じた福祉教育のための体験講座(車いす体験など)も行っています。

| | トラックバック (0)

本日の午後から

 本日の午後から

社協活動実践研究委員会

へ出席してきます。

 この社協活動実践研究委員会とは、

 社会福祉協議会あり方検討委員会報告書(「社協のあり方検討委員会」が平成19年2月に策定したもの。)を踏まえ、宮城県における市町村社会福祉協議会の組織と活動が更に充実されることを目指して、県内の市町村社協が実践する際に参考となる必要な具体的手法を調査研究するため設置する委員会

のことです。(要綱から抜粋)

 一般に「福祉」といっても幅が広く、捉え方によっては地域に眠る問題の多くのことが「福祉と関連している。」と言えてしまえるほど、幅が広いものだと思います。

 社会制度としての福祉は、制度として成り立っている以上、定義がはっきりしてきていますが、その社会制度だけでは地域に眠る多くの問題の一部しか解決することはできません。

 その社会制度では解決できない多くの問題の全てを、社会福祉協議会で解決しているわけではありませんが、その問題を抱える方の中での更に一部にはなりますが、そういった方を支援していくことやそういった状況にならないための方策を検討し、事業を行っていくことや関係機関と連絡を取り合ってネットワークを作り、問題を解決していくことも社会福祉協議会の役割の一部と筆者は考えています。そういった社会福祉協議会の役割を再度見直し、市町村社会福祉協議会の組織と活動が更に充実されることを目指して、県内の市町村社協が実践する際に参考となる必要な具体的手法を調査研究するため設置する委員会が冒頭に書いた委員会だと思っています。

話しがややこしくなりました。

 つまり、社会福祉協議会は今後どうしていいのかということを考え、実際に行動していく為の調査・研究の為の委員会だと考えています。その第1回委員会が開催されるというこ となので、参加してきます。

 報告は明日のブログでしたいと考えています。

 ところで、話は変わりますが。

 昨日天気はあまり良くなかったですが、木曜日のブログに書いた、運動会は無事に開催されたそうです。稲刈りもほぼ終わり、本格的な秋へと大郷町の景色も様変わりしてきました。

| | トラックバック (1)

雨よ降るな。

少し前から発覚していた事実。

Pict0004

 これは社協が指定管理者となっている高齢者コミュニティセンター(コミセン)の天井です・・・

 この黒い染みは・・・

 そうなんです「雨漏り」がしているんです。

 現在修理について検討しています。

 直るまで雨が降らないことを祈っています。

 ちなみに大郷町は農業が産業の中心で、今は稲刈りの最後の追い込みですので、それも含めて雨が降らないことを祈っております。しかも今週末は大郷町の中学校で運動会が行われるようですので。

| | トラックバック (0)

広報を発行しました。

少し遅れましたが、10月1日に社会福祉協議会の広報誌

「社協だより」

を発行いたしました。

Pict0001

 この広報誌は4半期に1回発行して、町内の各戸に区長さんを通じて配布していただいております。

 さて、今回の内容ですが、

表紙「敬老作文 優秀賞」

2ページ「男の料理教室」

3ページ「ほのぼのお出かけ会」「介護者のつどい」

4ページ「情報ページ」

となっております。

 簡単に説明すると敬老作文とは、小学校5.6年生を対象に、文字通りおじいちゃん・おばあちゃんのことを題材にした作文コンクールを社会福祉協議会と老人クラブ連合会の共催で行い、その中から優秀賞4点選考し、町の敬老会の壇上で朗読発表・表彰を行うものです。

男の料理教室は前のブログで紹介しましたのでそちらをご覧下さい。

ほのぼのお出かけ会は、町内在住の ひとり暮らし高齢者の方を年に2回日帰り旅行にご招待するものです。介護者のつどいは町内で在宅で普段介護をしてる方のための日帰り旅行にご招待するものです。

今年度は、介護者のつどいについては事業が終了していますが、ほのぼのお出かけ会は11月にあと1回予定さてていますので、その際にまた詳しく説明いたします。

また、敬老作文と同時進行で、小学校1・2年生を対象に、敬老の絵も募集し町の敬老会に展示をいたしました。その後「大郷町高齢者コミュニティセンター」(コミセン)に展示をさせていただいております。

Pict0003

| | トラックバック (0)

未だ道半ば

 今日は事業とは少し離れたことを一つ

 この仕事をするようになって一つ困ったことがあります。

それは

「方言が解らない」

ことなんです。

 私は実は宮城県で産まれ育っていません。私が生まれたところの方言といえば、主にイントネーションの違いだったりすることが多いのですが、この地域の方言は明らかに言葉が変わってしまっています。普段使っている言葉はほぼ標準語に近くなってきているので問題ないのですが、仕事柄高齢の方と話しをする機会も多々あります。そんな中で出で来る言葉が

「けな」「ぶんのどこ」とか「ひてこび」とか「あく(ぐ)ど」とか

 解りますか?ちなみにこれは、体の一部をあらわしています。

 これらを理解するのにしばらくかかりました。まだまだあるのですが、それはまた後日。

 大分わからない言葉も減ってきましたが、それでもまだまだ解らない言葉が多いです。

 ちなみに今日知った言葉は

「たれか」

でした。未だ道半ばです。

| | トラックバック (0)

男の料理教室②

昨日に引き続き今日も

「男の料理教室」です。

今日は平日コースの皆さんが料理に挑戦しました!

さて、昨日のブログでは発表しなかった今回の料理教室のメニューは

1 さばのカレー風味焼き

2 秋刀魚の佃煮

3 秋刀魚のヌタ

4 わかめの酢の物

でした。

Pict0019

 かれこれ3年目(1年目と2年目は年に2回から3回の開催でしたが)ともなると、参加者の方ももう慣れてきて、「料理を作りながら片づける」ことができるようになり、料理ができるとほぼ同時に洗い物も終わっているような状況になってきています。料理を作る時間も前は10時前から作り始めて食べるのが1時過ぎでしたが、今では12時前には完成するようになりました!

Pict0031

試食の様子。

今年の料理教室はあと1回でフェスティバルを含めると2回(休日・平日コース各1回)となりましたが、来年も更なる企画を考えて、事業を行っていきたいと考えています。

 次回の料理教室は、フェスティバルで作る「ハンバーガー」の試作品作りとなります。ハンバーガーの中に入れる、ハンバーグとマヨネーズを手作りで作りたいと思います!

| | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »